2017.12.18南八ヶ岳ジョウゴ沢

本格的に冬山シーズンに突入しました。今年の初アイスはジョウゴ沢。

週末に相当な入山者があったらしく、アプローチのトレースは完璧に踏まれていました。

青空が純白の霧氷を際立たせていて綺麗ですね〜。

ジョウゴ沢F2。

大勢の人が登っているのでボコボコになっています。簡単な氷瀑ですが久しぶりのダブルアックスで実は緊張…。

「乙女の滝」も氷結良好でボコボコ。

今回は足慣らしなので小ぶりな「ナイアガラの滝」へ。

久しぶりに来たけど、こんなに小ちゃかったかな⁈右から左から真ん中から登ってアイスクライミング独特の身のこなし方を思いましました。

振り返ると空が真っ青。最近よく耳にする「八ヶ岳ブルー」ってやつです。

快晴ですが谷間なので陽が傾いてくるとめちゃくちゃ寒いです。→撤収!

赤岳鉱泉前まで下りると稜線が黄金色に輝いていて目を奪われました。

アイスキャンディーも良く凍っていますね。今年はアイスの当たり年なのかな⁈

下山後は「鹿の湯」へ。ここは熱すぎず、ぬる過ぎず、長湯できます。

八ヶ岳帰りのラーメンと言えば「麺屋蔵人」。

幸せだな〜。

2017.12.13 霧ヶ峰

下見を兼ねて霧ヶ峰周辺を散策。

車山山頂。

周辺のスキー場は営業開始していますが車山肩から山頂までの雪は少なくスタスタ歩いて30分くらい。

エコーバレーへ車で移動。ビーナスラインから見た蓼科山。

雪化粧しています。

姫木平のエコーバレースキー場へ。

エコーバレースキー場を周回するハイキングコースは積雪期はスノーシューで楽しめます。

今シーズンの雪山はスタートが早いですね。

2017.12.07 八ヶ岳 大同心稜〜横岳〜地蔵尾根

style:バリエーション、equipments:ピッケル1、補助ロープ、ポール1、12アイゼン、ハーネス、ギア少々、member:shiba、comic

time:0640 美濃戸 0855 赤岳鉱泉 0930発 1045 大同心直下 1145 稜線 1200 横岳 1325 地蔵尾根 1405 行者小屋 1555 美濃戸

傾斜の強い場所や岩場でのアイゼン歩行の練習ということで、大同心稜へ。

大同心稜は下ったことしかないので、つまらない樹林帯のような気がしていたが、登るとやはり樹林帯の急傾斜ではあるが、1時間ちょいで樹林帯を抜けられるので、稜線への一番の近道となる。

大同心基部から南側を抜けて稜線へ。

一箇所岩場を越えれば大同心基部

基部南面を小同心を登るクライマー横目に慎重にトラバース

トラバースや3級程度の岩場が2箇所ほどあり、初心者バリエーションにはなかなか良い。ただし、ルートを選ばないと難しいグレードにはなりそうなので注意。

以前下った時はもっと雪がついていて、岩場はあまりなかっが、今回大同心を登攀したクライマーがそうしたように一箇所だが、懸垂が必要な岩場があった。登りではよいしょのボルダリングなのでロープ無しでギリギリ登れた。

雪のつきはあまり良くなく、凍った草付きにサラサラの雪なので、アイゼンが効きづらい。滑らない足場を考え進む。

岩場越えて上から大同心を眺める

もうすぐ稜線

横岳

稜線に出てから地蔵尾根経由で下りることに。天気は風速15m近い天気予報だったが、まったくそんなことなく、微風快晴で360度の展望。一昨日の積雪20センチ、トレース1人あり。

地蔵尾根までの稜線は、雪バリエーション入門ではなかなか大変なルートで、岩稜帯や雪稜下りでのアイゼン歩行は技術がいるところ。アイゼン慣れしていないと梯子も厄介だし、鎖をどう使うかもポイント。

アップダウンを何度も繰り返し、ようやくお地蔵様に会えた。

お祈りして下山。

赤岳鉱泉〜大同心稜〜地蔵尾根〜行者小屋の周回ルートは、大同心稜〜硫黄岳周りの下山より毛が生えた感じで、雪山バリエーション入門プラスアルファにはちょうど良い。

お疲れ様でした。

___________________

立ち寄り湯、もみの湯へ。夕方5時以降は500→300円になります。

諏訪南インター近くの、レストラン ペチカで夕食。

pechkaはロシアの暖房兼オーブンと言う意味。レストランにもpechka?があり、とーっても身体温まりました。

美味しかった!ご馳走様でした。

2017.07.07 車山高原

学校登山引率で車山高原〜八島ヶ原湿原に行ってきました。

梅雨の晴れ間に歩くことができました。

車山山頂には、気象レーダー観測所があります。

登山というより軽いハイキングで、アップダウンもあまりなく、気軽に自然を楽しめます。途中途中で、物見岩や蝶々深山など昼飯でも食べられるピークポイントがあってのんびりできますね〜