2018.10.10-11乗鞍高原と乗鞍岳

平日二日間でモンベルアウトドアチャレンジ「紅葉の乗鞍高原散策と乗鞍岳登頂」。

現在、三本滝~鈴蘭付近が紅葉の見頃になっています。

「あざみ池」

晴れてればもっと鮮やかなんですけどね~。今年は晴れの日が本当に少ないですね。

宿泊は福島屋さん。今夜もきのこ三昧!

二日目は乗鞍岳登山。

シャトルバスに乗り畳平まで行くと霧雨&強風…。とりあえず肩ノ小屋まで歩いてみることに。

ライチョウの家族に遭遇。こういう天気の日は必ずと言って良いほど出会えます。

肩ノ小屋は小屋締め作業中。風を避けられる場所をお借りして休憩させていただきました。

雨雲レーダーによると、これから雨雲に覆われますし、剣ヶ峰まで往復すると2時間あまり15メートル超の強風に晒されます。無理はせずに剣ヶ峰には向かわないことにしました。

その代わり復路、富士見岳に登り畳平に戻ることにしました。

早々に畳平へと戻りましたが安全に秋の3000メートル級の強風を体験していただきました。

目標の剣ヶ峰には登頂できませんでしたが、秋山の厳しさに触れていただけたと思います。参加者の皆様が個人で山に行かれる際には今回の体験を思い出して適切な状況判断をしていただけたら嬉しく思います。

by Kawaguchi Akira

2018.10.07-09剱岳・立山

8月実施のリクエストを頂いていた山行でしたが、山行予定日のたびに台風や大雨になっておりました。今シーズン最後チャンス。

出発日は予想通り雨。

剱山荘は営業終了。剱沢小屋は7日の剱からの下山者は宿泊可ですが8日登頂予定の登山者については小屋締め作業に入るため宿泊不可。小屋泊まりで別山尾根から剱岳に登るには剱御前小屋からの往復となります。

夕刻、予想通り雨は上がり剱岳が勇姿を見せてくれました。

二日目は夜明け前に御前小屋を出発日。アプローチ中に御来光。

2年ぶりに別山尾根に来ましたが、登りの「タテバイ」に鎖が設置されていてびっくり。

タテバイを通過し一安心のお客さん。

シーズン終了間際の山頂は静かでした。ようやくの登頂でしたが、最高の条件に恵まれました。

剱御前小屋に戻り、三日目は立山経由で室堂へ。

引き続き晴天!室堂が箱庭のように見えます。

雄山。

昼には室堂に下山できました。来月にはここは雪の中でしょうか。

今年3回目の室堂起点の山行でしたが前回も今回も遊歩道で転倒して救助されている人を見ました。なんと言って良いのやら…。

2018.10.5-7 焼岳 乗鞍岳 上高地

福岡、山口、熊本からのお客様をご案内してきました。

紅葉の焼岳、乗鞍岳のご案内と行きたかったのですが、台風25号のため、視界不良で山頂からの素晴らしい紅葉は見られなかったのは残念。

九州では、紅葉の真っ赤な色というのは、見られないそうです。ですから、黄色の中に赤色があると、わーっと歓声があがり、喜んでいただけました。

焼岳は一瞬霧が晴れて、南峰が見えました。

下山時も富山岐阜方面は晴れて、笠ヶ岳から槍ヶ岳、水晶まで見渡せよかったです。

難関の8mハシゴ。お一人泣いてしまうほど、垂直で、下の出だしが嫌らしいです。

夜の河童橋を散歩

宿は五千尺ロッジ。なんとも贅沢な宿。サービス、料理は、ホテルとそれほど変わらないのでは?

美味しいものを食べ過ぎて、お腹が重い登山でした。(笑)

最終日は、最大瞬間風速20mの強風の中、全員無事登頂。

百名山二座のご登頂本当におめでとうございます!今度は晴れ渡った北アルプスでお待ちしております。

by comic

2018.10.03-04 モンベルアウトドアチャレンジ乗鞍岳

今回のモンベルアウトドアチャレンジは「乗鞍高原散策と乗鞍岳登頂」でした。

初日は乗鞍観光センターに集合し高原散策へ。歩行時間2時間半ほどで高低差が少ないので足慣らしにもってこいのコースです。

青空が見えているうちに撮影スポットに立ち寄っておく作戦にして、まずは善五郎滝へ。

豪快な落差21メートルの滝です。近くに寄りすぎると飛沫でビショ濡れになりそうです。

お次は「逆さ乗鞍」が見られる牛留池。今年の秋は雨ばかりなので、こんな景色を見ると心が晴々しますね。

あざみ池も見ちゃいましよー。

ネイチャープラザのソフトクリームも好評。

ぐるりと周遊して観光センターに戻ってから、今夜のお宿・福島屋さんにチェックイン。

若旦那が自ら獲ってきたキノコづくしのディナーを満喫!

豚きのこ鍋。

かなり満足な夕食!美味いっ。

お食事だけではなく乳白色の温泉も全身ホカホカになりますよ~。

福島屋さんのウェブサイトはこちら⇩

http://fukusimaya.net/sp/

2日目は乗鞍岳登頂。

今のところ位ヶ原あたりが紅葉の見頃です。曇ってますが槍穂高、八ヶ岳、南アルプスまで見渡せました。

午後から雨マークが出てましたが降られずに済みました。この時期の雨は過酷です。短いコースですが防寒対策を万全にしないと命懸けになってしまいます!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

by Kawaguchi Akira

2018.09.30-10.02 紅葉の涸沢カール

台風が信州に到来しようかというタイミングで日本屈指の紅葉の絶景スポット・涸沢カールへ。

初日は上高地から1時間ほど歩いて明神館まで。今夜はこちらで台風をやり過ごします。

小屋の従業員さんたちが全部屋の雨戸を閉めて万全の体制を整えてらっしゃいました。

2日目、出発時は雨でしたが、横尾あたりからは期待どおりに青空が広がってきました。

涸沢周辺は今が紅葉の最盛期ですね。黄色が多いような気がします。

涸沢ヒュッテに宿泊しましたが、台風の影響で宿泊者が少なく蒲団一枚に人間一人という豪華さでした(笑)

3日目の朝は穂高稜線は雲に覆われていましたがモルゲンロートを見ることができましたよ。

ランチは絶品・徳澤カレー。

柔らかビーフがたまらんっ!!

徳澤園といえばソフトクリームは既定路線。

混雑嫌いのヤマンザイ川口でもストレスを感じずに紅葉の涸沢カールを楽しむことができました。

by Kawaguchi Akira

2018.09.25-27 立山縦走

モンベルアウトドアチャレンジ立山縦走を終えて松本に帰ってきたAkira Kawaguchiでしたが、翌日から再び立山へと向かいました。今回は福岡からのお客様を御案内です。

小松空港でお出迎え。

立山山麓温泉に移動し「山の宿やまびこ」に宿泊。のんびり休んで登山に備えます。

二日目はケーブルカーとバスを乗り継ぎ室堂へ。紅葉の見頃を迎えてます。

立山縦走二巡目は快晴とはいきませんが前回とは比べものにならないほど静かでした。

今回は500円払って山頂でお祓いを受けました。

大汝山、富士ノ折立、真砂岳と順調に進んで、本日の宿・内蔵助山荘へ。

こちらが最近、氷河として認定された内蔵助カール。

「内蔵助(くらのすけ)」は冬のザラ峠越えの伝説を残した佐々成政の別名。内蔵助山荘は質素で綺麗な山小屋でした。お食事も美味しかったです。

夜から雨になりましたが翌日は出発と共に雨が上がりました。ラッキー!

別山付近からの剱岳。

雷鳥坂をゆっくり確実に下って雷鳥平、そして室堂へ。

2500メートル付近のイワイチョウやシラタマノキの紅葉は最盛期かな。来週には台風が上陸しそうだし今年の紅葉はピンチですね…。

再び小松空港までお客さんと移動してから松本に戻りました。下界もすっかり肌寒くなりましたね。

2018.09.24 上高地散策

by comic

ウガンダ協力隊同期、7年ぶりに会った、横浜ガールを上高地へご案内。

大正池

梓川と穂高連峰

穂高神社へ参拝、明神池をお散歩。

猿の群れが増えすぎて、観光地が脅かされつつあります。

岩魚定食1600円。嘉門次小屋の方が岩魚が泳いで養殖しているので、そちらのランチもいいと思います。

おすすめメニューの明神カレーは手づくりです。レトルトでなく。

明神館でお昼ご飯でした。

そして、上高地までもどり、

上高地帝国ホテルでお茶。

真っ赤な屋根が、自然の中に映えます

なんと優雅な時間

人気のチーズケーキ、セットは1700円です。コーヒー紅茶はおかわりできますよ。

美味しい上高地散策でした。

2018.09.22-24 モンベルアウトドアチャレンジ立山縦走

大町市内は雨でしたが室堂に到着してみると予想外の好天でした!

今回はのんびりツアーなので初日はみくりが池温泉に集合し周辺散策。二日目に雄山に登り大汝山、富士ノ折立、別山を経て剱御前小屋泊、三日目は雷鳥坂を下り室堂に戻ります。

集合前に室堂をブラついていたら雷鳥に会いました。

雷鳥は室堂だけで300羽くらい生息しているようです。外敵の少ない悪天候の日の方が活発に動き回るので出会いにくいのですが、いとも簡単に出会えました!

さて、参加者の皆さんと合流後はみくりが池周辺の散策に出かけました。今回の登山ルートから外れている地獄谷を散策できたら良いのですが、その辺は有毒ガスが出てるので2012年から通行止めなのです。

というわけで足慣らしで撮影スポットを巡りました。

ミドリガ池の「逆さ立山」↓

二日目は大混雑の中、まずは雄山に登りました。

旅行会社のかなり大人数のツアー団体が来ていて室堂から雄山まで数珠繋ぎでした。富士山並みの人混みです。敢えてノーコメント。。。

雄山山頂。ちなみに正式な山頂の3003メートル地点は鳥居の先です。

集合写真を撮れるスペースがないので真砂岳近くでパシャリ。

別山周辺は剱岳の絶景ポイント!

今夜の宿は剱御前小屋。

体力に不安をお持ちだったお客さんも元気に到着しました。立山縦走は無理のない山行計画を立てれば安全に歩けます。

三日目は雷鳥坂を下って室堂へ。

毎週末、雨に降られてきましたが、今週は好天に恵まれ思い出深い三日間になりました。それにしても凄い人混みだったな~。

by Akira Kawaguchi

2018.09.08-11 モンベルアウトドアチャレンジ西鎌尾根

それにしても雨ばかり…

今回のモンベルアウトドアチャレンジでは西鎌尾根から槍ヶ岳を目指しましたが、いきなり出鼻を挫かれました。

台風の影響で集合場所の新穂高温泉周辺は停電で暗い。初日は鏡平まで入る予定でしたが、増水によりわさび平から先の登山道は閉鎖。歩き始めたばかりでしたが、早速、山小屋にチェックイン。まだ午前中なのにトホホでございます。

しかし、良いことも。小屋がガラ空きで寛げます(笑) しかもリピート山中さんがいました!

山のイベントにしばしばゲスト出演されているシンガーソングライターです。「ヨーデル食べ放題」が15万枚の大ヒット。

リピート山中さんのお蔭で、連日の雨の中、皆さん「食べ放題」を口ずさみながら楽しく歩けました。

二日目は双六小屋を目指します。鏡平までの登山道は雨の影響を受けやすく、沢沿いの登山道はご覧のとおりです。

鏡平に着きました。晴れていると「逆さ槍」を見ることができる鏡池ですが…

こんな日もありますよ。

双六小屋の手前で短い時間ですが、雨が弱まり展望が開けました。

赤い屋根が双六小屋、その向こうのジャンボな山が鷲羽岳です。

三日目は西鎌尾根から槍ヶ岳に向かう予定でしたが雨風強く往路を戻ることにしました。沢の増水にも注意が必要とあって、同ルート下山も侮れません。橋が水没すると足止めを食らいますが幸い通過できました。

初日にお世話になったわさび平小屋で昼食。最近の山小屋の立ち寄りランチは美味しいです。

再び、わさび平小屋に泊まることも考えましたが、すでに3日間、歩行中は全身ずぶ濡れ状態でしたので山を下りることにしました。

思うようにいかないのもまた山登りであります。

by Akira Kawaguchi