2017.06.28 大滝山冷沢 源流釣り

  • メンバー 2人
  • 装備:沢道具、テンカラ、補助ロープ、ハーネス、雨具、飲食料
  • アプローチ:林道30分、古い林道藪漕ぎ1.5〜2h、
  • info:距離は短いが意外に時間がかかる


人工物なんて儚いもの。カーブミラーの多く残るこの林道は今では人も歩けないほど。


熊に遭わないか超緊張感の上に、ひたすら大声を出し進む。


ほぼ水平なので標高が稼げない。


今回の新調沢靴はカモシカガラクタ市で購入。


林道終点から、沢を下る。ピンクテープがついてるので助かる。


テント場に良さげ。


なかなか釣れなく諦めかけた時に、25センチ。

すると、テンカラで初釣り!のA氏。小さいのでリリース。このすぐあとに、22センチ釣り上げる!


後半に少しだけ岩要素が。。


軽く沢登り


帰りはやや道に迷い、結局藪漕ぎでクマの道のような所を通って登山道へでる。

なんとか暗くなる前に登山道についてひと安心。

2017.06.26 尾高山

遠山郷の上村にあるしらびそ峠から登る、尾高山に行ってきました。

1833mの峠まで長い林道を車で行きますが、途中の景色は絶景です。

その代わり、道もガスで真っ白で運転要注意でした。


しらびそ峠に駐車スペースあり、10台は泊められます。


登山口は峠のすぐ脇。

昨日の鶏冠山とは違って、よく人が入るようで、トレースしっかりあり、とてもなだらかな道。

でも1人しか会わなかったので、熊よけに声を出して歩きました。


尾高山は眺望なしですが、ビューポイントが近くにあります。この日は真っ白でした。


緑豊か。

苔むした森。

白と黒の幻想的風景。

心癒されますね。


コースタイムは3時間で、2時間弱で下山。

今度は奥茶臼まで、もしくは、そこからルートファインディングして南アルプス一般道へ抜けてみたいですね。ここも遭難者が見つかっていないらしいですが。

こんなところにあります。

峠からもう少し上がり、しらびそ高原。4〜11月のみやっていて、冬は林道が閉鎖されるので、冬に来るとなると林道2時間歩きでしょうか。

なんと飲み物一杯400円もしくはアイス450円で、マグカップをくれるというので、信州リンゴジュースを頼む。

コーヒーの場合は、そのままマグカップに入れてお持ち帰りらしいです。(カップを洗う場所もあります)


のんびりしていいところでした。


可愛いイラストでした。


残りわずか⁉️くまたか郎のみ。

2017.06.15 鶏冠山 シャクナゲ沢ルート 登山道整備

南信濃遠山郷から入る、池口岳に続く鶏冠山の最短ルート、尾根に出るまないた平までを整備してきました。

今年は酉年なので、ここを登る方も(いつもよりは)多いだろうということで。

といっても、一般道ではないので、マニア向け。地図読み、山をみる力がなければ、遭難するでしょう。

4駆軽自動車以外では入れない道を通り、ヒルと闘い、堰堤を越え、一箇所渡渉し登山口へ。


ひたすら崖のような急登。


看板設置。


ちょっと気を抜いたら滑落しそうです。落石も多い。

銀竜草がたくさん咲いてました。



まないた平の尾根について看板確認。


同ルート下山。

遭難者が出ませんように。

  • 鶏冠山(トサカ山)、池口岳のルート詳細については、遠山郷旧木沢小学校の山の会資料室にあります。

2017.06.23 三峰山

美ヶ原ロングトレイル、三峰山へ。扉峠からのピストンです。

美ヶ原トレランのコースの一部にも、なってます。

つい先日に熊さんが出たらしい。。この間も2匹に遭遇したばかりなので、今年は多いのかな。

鈴もラジオもないので声を出しながら歩く。

あっと言う間に半分以上来たらしい。ここからは樹林を抜け見晴らしがいいので、熊への警戒もやや解ける。

もうすぐ山頂。

1時間もかからなかった。ちなみにコースタイムは2時間。今日はボッカのつもりで60mロープだけ担いで歩いたけど、あまり意味がなかった。

ここから二ツ山までトレーニングにいこうかと思ったけれど、4時間かかるらしいので、山頂でまったり。

周辺案内図

王が頭方面。

この辺の広々してのんびりした景色が好き。短時間で登れて人もほとんどいない。

今度は二ツ山までいこうっと。

帰りも熊に会いませんように。

2017.06.21 スリランカ マサラカレー

先日スリランカで購入してきたフィッシュマサラとトーサイを作ってみよう!

そしてフィッシュは、友人が近所で釣ってきたブルーギル!

どれも作り方が分からないけれど、袋に丁寧に英語でも書いてある。どれどれと見ながら作成。

マサラはほんの少し入れたが、辛い!作り方にはマサラ1袋100gを入れる、魚1.5キロと書いてあったが大量生産のことか!

少しだけでよかった。。タマリンドジュースを入れるとあるが、無いので、野菜ジュースと、ルバーブジャムを入れて、さらに牛乳を加えてようやく食べれる辛さになった。

トーサイは、調べて分かった。あれか〜あの外がパリパリしてて、中にジャガイモなどを包んで食べるもの。


チョップしたオニオン、カレーパウダー、チリを入れて。

いっただきまーす!

2017.06.21 蛍 FIRE FLY

長野県 辰野町

提灯に導かれ田圃道を歩くと。


ゲンジホタルが飛び交う 幻想的な風景。

見頃は6月。ホタル祭りも終わり平日にも関わらず人が多い。駐車場入れず、辰野町病院から歩いたので、22時くらいの方が暗くなり蛍が綺麗で、人も空いて駐車場も入れていいかもしれない。

松尾峡 ホタル童謡公園 入場料500円

http://kankou.town.tatsuno.nagano.jp/firefly.html

2017.06.15 岩櫃山

圧倒的な存在感、岩櫃山に登ります。

ハイキングコースは4つ、距離は短いが難しいこの中では最難関の蜜岩コースへ。

登山口には、これでもか!ってくらいの注意点とヘルメット等着用が呼びかけてあるので、ガイド+救助隊の身分柄、ちゃんとヘルメット被って出発。

ここまで注意書きがあると、ドキドキ。

でも黒瀧山と同じか。

…黒瀧山!といえば人があまり入らないので2万5千分の1地図持ってけばよかった〜と思った山だったな。

こんな穴をくぐり抜けたり、

こんな鎖場を足元に注意して登ったり、

天狗のかけ橋手前の滑落多い場所とか。

悪場抜けるとニッコウキスゲと展望

岩櫃山山頂、40分ほどで到着。

山頂から、赤岩コース経由で下山へ。

天狗の仕業か。

天狗様がおられます。

やはり上州の山か。そんな臭い漂わせる下山道でした。

木の根の木登り。

遊んで帰る。



下山後に蜜岩神社から。

2017.06.06-12 スリランカ洪水災害支援

スリランカでの洪水災害に対し緊急医療支援のNSで入らせていただきました。

串カツは大阪(汗)

関空発のため、大阪の山仲間に久しぶりにお会いして、翌朝出発。

洪水発生当時の写真。各家にボートがありそれにより脱出。

壁に残っているラインまで増水したと。

洪水は現地NGOなどの誘導にて死亡者は少なく、洪水による土砂災害で家ごと潰れ、亡くなられる方が多かった。山間の集落ではまだ避難生活が続いていました。

被災地にてメディカルキャンプ

災害発生後の衛生環境悪化による感染蔓延が心配ですね。

村人が集まります

洪水で流された生活用品や学用品を寄付

自宅裏の丘に避難し、水が引くまでここで家族で過ごした

浸水したもので、まだ使えるものを乾かしています。

最後のスリランカの夜

美味しかった

こにらはビールではないけれど、酔えるほど美味しいジンジャージュース

スリランカコロンボは、数年前と比べて開発が急速に進んでおり、景観がすっかり変わってしまったと。

中国の開発にて海が埋め立てられカジノができるのは、誰も止められないのだと悲しんでいました。心ある開発を願うばかり。

by comic

2017.06.04 カミツレ

信州池田町のカミツレのお祭に行ってきました。

カミツレ

カミツレ=カモミール

と実は初めて知りました。

ウォークラリーして大峰高原までいったり、

素敵な音楽聴きながら、風に吹かれて気持ちよかったです。

普段500円の日帰り入浴が、イベント価格200円。シャンプー類はすべてカミツレで、とーっても気持ちよかった〜

この近所には温泉郷がいくつもあるけど、温泉より気持ち良いと感じられるお風呂でした。と伝えたら、最高のお言葉と言われました(^-^)

また癒されたい時にいってみようと思います。

帰りは道の駅ハーブセンターで。池田町はハーブが有名、ハーフサイズ150円のアイス、とっても爽やかで美味しかった。

帰宅して、無料で摘ませてもらったカミレツを早速ハーブティーに、香り高くて美味しかった。夜は勧められた天麩羅に、これまたなかなかの美味しさでした。

今度はランチ&入浴プラン、2000円くらい、にいってみようかな〜

◆カミツレ研究所

http://www.kamitsure.co.jp

2017.05.08 坊主岳

中央アルプス経ケ岳より北にある坊主岳。

塩尻市の奈良井ダムの南端辺りが登山口。

登山口は大きな看板があり、わかりやすい。

車も何台か駐車できる。

坊主岳から経ケ岳、いつか藪漕ぎで行ってみたい。

こんな風景は美ヶ原高原もそうだけど、とても開放的で好き。

朝一で登山者が入ってたようだけど、もう下山した様子。

結構な急登を少しトレーニングのつもりで駆け抜けてきた。