2017.08.22〜08.24 兎岳 パトロール

メンバー: comic、イク、クマ

前夜泊

翌朝が早いので、登山口に近い下栗の里、民宿みやしたさんへ、素泊まりさせて頂く。みやした とは、苗字では無く、お宮さんの下にあることからの屋号だという。

下栗の里を含む遠山郷は、神様を迎える霜月祭があり、宮崎駿監督の千と千尋の神隠しのモデルになった。民宿みやしたさんには、宮崎監督の色紙がある。

民宿みやした

7月23日

朝4時北俣渡ゲート、車は20台近い。すでに歩き始める登山者やトレランナー。

朝5時聖光小屋から西沢渡へ出発。西沢渡への道は森林鉄道の名残が残ってる。

西沢渡の橋は流されているため、手動ロープウェーに乗り川を渡る。橋は後日修復済み。



1人ではとても重くて大変。川の量によっては、渡渉できるが流されてしまった人も多い。


かぶとと遊ぶ。


薊畑は真っ白、風が冷たい。


小聖岳。朝は風が強く、ここで引き返したという方も多い。我々は午後に来たので、風はすでに弱まっている。
小聖と聖岳の間に水場がある。

岩ひばりが水をチュッチュ飲んでいた。


小聖岳から登ってきた道。聖岳に向けて急登を登る。雨風が強ければかなり厳しい登り。


聖岳山頂。今回は奥聖岳には行かず。
兎岳へ向かう。聖岳を急下降ののち、登り上がる。

南アルプスは、のんびり縦走というより、巨大な山脈のため規模が大きくアップダウンが激しい。

赤石岳を東に、聖岳を南に臨みながら歩く。

7月24日

朝一の兎岳山頂でヘリ荷揚げについて通信。一瞬ガスが切れるが、すぐに辺りは真っ白に。


晴れることを祈って、作業をして待つ。


信州側が晴れ、下栗の里が見える。しかし、ヘリはなぜか大町にいて厚い雲で飛べないと。。なんと!

結局荷揚げを断念、泣く泣く3日間の作業を中止し下山。友人小屋なら荷揚げもこれほど大変じゃないだろうに、避難小屋での作業は大変。


兎岳から直通ルートを下る。


苔の山


苔地蔵様

帰りは、チチタケを採って下山。チチタケは、白い液が出てくる。これはうどんの出汁にいいとのこと、帰って、スープにしていただいた。

2017.08.21 山辺の葡萄デラウェアできました。

お手伝いに行っていた、葡萄農家さんのデラウェアがちょうど良く実った頃です。

実はこの前日に他の農家さんのデラウェアをいただいたのだが普通の葡萄でした。

私が手伝った農家さんのはデラウェアは全く違う格別な味!もう手が止まらない!美味しい!


粒が大きく美味くなるようにとやった作業の成果があり、この大きくジューシーに太った一粒一粒に愛情が込められている様なうまさです。

屋号カネ村さんの葡萄、通常販売はしてないのですが、幸せを感じる果物。秋には、シナノゴールドや巨峰などが実るそう。

今まで何と無く食べてきた、りんごや桃も、こちらの農家さんの作ったものを食べるのが本当に楽しみです!

2017.08.20 犀川 釣り敗退。。

近所の犀川とその支流に釣りに出かけましたが、全く釣れず。

主に支流でのオイカワちゃんなど小魚を目的にしましたが、私の毛鉤も友だちの餌釣りにも、パクパク食いつき顔を出すが、釣れず。

もっと小さい針にしないとダメなのか。4時間程遊んで終了。でもこの辺は生活廃水が流れてそうな少し臭うゴミ沢山の川でした。

ちなみに犀川本流は、ラフティングやらやっているので、漁業組合の管理下だけど釣れる気がしない。

ラフティングの子どもたちは、とても楽しそうでした。

2017.8.17  劔沢〜奥大日岳〜大日岳

by comic

0640 劔沢 – 0915 奥大日岳最高点 – 0930 奥大日岳 0955 – 1120 大日小屋 – 1143 大日岳 – 1330 大日平山荘 1343 – 1530 称名滝登山口

野営管理・診療所に15日滞在しての下山日。ここ1週間では一番の天気に恵まれる。


朝焼けと劔岳


チングルマと劔岳


ルーティーンのラジオ体操後、みんなに見送られ劔沢を後にする。


これは何という現象?虹のようで綺麗。

劔沢を何度も振り返る。

劔御前に上がるまでに沢山の花に出会う。

アオノツガザクラ

ツガザクラ

チングルマ

深山ウイキョウ

ミヤマキンバイ

ハクサンイチゲ

黄金菊 、深山アキノキリンソウ

イワツメクサ

ミヤマリンドウ

ウサギギク

ヨツバシオガマ

タデ

クロトウヒレン


トウヤクリンドウ

大日岳方面へ


室堂


雷鳥の羽?

お疲れ様でした。

奥大日岳最高点

奥大日岳周辺から、劔岳


奥大日岳


大日小屋、大日岳方面へ向かう

七福園

中大日岳。

大日小屋

大日岳へピストン、片道10分程度。


大日平山荘。


無理休憩所で、称名滝から日帰りピストンという地元の登山者とお喋り。一緒に下山。

山荘の裏から不動滝を見学。

あとはひたすら下るのみ。

この日はとても熱くて、途中の沢水を飲みながら下山。

ラムサール条約登録湿地

PCの入った大荷物での縦走に、ひいひい言いながら降りる。もう脚が悲鳴を上げている。


ようやく下山。称名滝を見学する観光客が大勢いて、でかいザックの自分は場違いな感じ。バスの時間が限られてるので、称名滝見学はまた今度に。

2017.08.17 西穂高ロケ

8月前半は先月に続いてテレビ番組の撮影補助業務で西穂高周辺に滞在しとりました。

のろのろゆらゆらと移動する台風5号に翻弄されましたね〜。霧が晴れるのをいつまでも待ち続け、西穂山荘横の丘から見た笠ヶ岳は絶景でした。

西穂高岳。

近くて遠い山頂への道。一般的には西穂山荘から日帰りで登頂可能ですが、撮影となるとそうは問屋が卸しません。どんだけビバークさせられたことか!


お世話になった西穂山荘内での撮影も。

名物「西穂らーめん」誕生の秘密が明かされる⁈

放映間近になりましたらお知らせします。お楽しみに〜!

by AKR

2017.08.17 立山サンダーバード

富山は立山、コンビニといえばここ。


サンダーバード。

心ウキウキするものが多いです。世界のタバココーナーもあります。

今回の目的は、名物の昆布じめ。種類豊富で迷います。


そして面白いサンドイッチ。きのこたけのこチョコサンドイッチ。


味が予想出来るので買いませんでしたが…


ネタが多いからか、この日は富山TVが来ていました。私もネタ探しにまた来ようと思います。

2017.0810-0816 劔沢  便所のベンちゃん

 by comic

8月16日

劔沢は明日で最終日。

雨の天気予報とは異なり、観天望気では晴れるでしょう。満点の星が綺麗な夜でした。


8月15日

雨曇り雨の日々が続きます。

山の日に300張あったテントも20数張。

客が少ないので劔沢小屋へ遊びに。

毎晩ご馳走。なのに太れずマイナス1.2キロ。他の人は4キロ増えたりしてます。私も太りたい。。太れない悩みはわからないでしょう、、

8月14日

ボットン便所から雷鳥の子どもの声がするとお客さんから。

虫捕り網で救出作業。

蓋をしているのに、一体どこから入ったのか。便を洗うが、臭う。

便所のべんちゃんと名付けられ。

ようやく震えが止まり、米粒と虫を少々。

雷鳥ではなく、岩ひばりです。

自然保護センターに連絡すると、元の場所に戻すようにとのこと。

さすがに便槽の中に戻すことはできないので、近くに放す。

ずっーと チューチュー鳴いていた。お母さん来るといいなぁ〜

8月13日 

久しぶりによく晴れました!

テント場もお盆だけにどんどん増えます。

1人1テントが、本当に普通になっちゃったんですね。。なんだか寂しいという気持ちも。

洗濯物が干せます。

8月12日

一時晴れて雨な1日。


夜は晴れて流れ星がキラキラ。

夜21時以降で続々と帰ってくる登山者… 

これが「劔の夏の風物詩」だそうだ。

黒部ダムから道迷いしながらようやく辿りついたイタリアとオランダ人は、パスタを茹でたいと仕方なくお湯をあげる。

別山尾根から22時でも下ってくるヘッデンの明かりが見える。源次郎からまだ帰らないと心配する仲間。

最初は心配して待っていたが、そのうち就寝。事故もなくみなさん、帰って来れたようです。よかった。
8月11日 山の日

とても怪我人の多い1日でした。亡くなった方もおられました。

山の日だからと、悪天なのにハシャイで、怪我するのでは?と単純に考えてしまう。

8月10日

朝は晴れ間が出ることが多い。すぐにガスり雨が降ったと思ったら、また日が差す。そんな毎日が続く。

2017.08.07 劔沢 台風5号

by comic

今朝の劔沢は、嵐の前の静けさ。雲の流れが気になります。

午前は天気良く休憩はボルダリングで遊び。


ちょっと風が出てきました。怪しい雲も出てきました。


テント場はみなさんほぼ撤収。

夕方はこんな感じ。台風は明日未明にくる予定。

2017.08.02-04 M.O.C 槍ヶ岳

今年2回目の「M.O.Cモンベルアウトドアチャレンジ槍ヶ岳」に行ってきました。天気予報はイマイチでしたが…。
初日は槍沢ロッヂ泊。

夕食はこんな感じです。

モリモリ食べて明日に備えましょー。

2日目は登頂日。

前回同様、「大曲がり」の先から雪渓を登りました。雪面は柔らかく歩きやすかったですね。アイゼンいらずで楽々通過。

グリーンバンドを越えると槍様登場。

先週にも増して槍の肩はミヤマオダマキの群落が見事になってました。


槍ヶ岳山荘で小休止して、いざ出発。今回はかなり空いてる方です。煽る人もエキサイトする人もいません(笑)


あっと言う間に最後のハシゴ。
いつもなら慌ただしく写真を撮って、そそくさと下るのですが、今回は空いているのでのんびり山頂に滞在できました。

小屋に戻って祝杯を上げてからも、皆さん、日が暮れるまで穂先を眺めていましたね。

3日目、下山日の朝は常念岳が雲の合間から頭を出してくれました。


なんだかんだ言って雨具いらずな3日間になりました。

横尾山荘でランチ。豚肉スタミナ丼900円。

徳澤園ではソフトクリーム。

上高地に戻るまで多くの団体さんとすれ違いました。週末は大混雑になりそうですね。

2017.08.03 劔沢 別山

by comic

天気が落ち着かず、晴れたり、曇ったり、雨降ったり、昨日は晴天にやっと梅雨明けだね!なんて話してましたが。

劔の天気は読めない。


快晴!

午後に1時間半の休みをもらい、別山へ登りに。

登り45分、下り30分


別山へは急なガレ場で石を落とさないように慎重に登ります。


別山山頂


別山北峰 何の標識もありません。

劔沢 


劔沢へ戻る


この日は捻挫と頭痛対応。

水分補給を十分に、ゆっくり大きな口すぼめ呼吸、カロリー摂れれば、なんとか大丈夫かと。

by comic