2017.09.18 上高地散策

明神までを一周してきました。


夏の終わり、樹々は紅葉の準備中。台風後で梓川は増水してます。

ビジターセンター背後に六百山


明神岳。手前は5峰。


穂高神社から明神岳

嘉門次小屋の川には岩魚がたくさん。


帰りにようやく穂高連峰が見えました。

2017.09.17 わな猟 実技講習会

本日は、わな猟についての講習会@木曽。
わな猟には、法定猟具を使います。くくりわな、はこわな、はこおとし、囲いわながあります。


くくりわなは、ワイヤーロープなどで作った輪でくくり捕らえるもの。


はこわな、囲いわなは、餌で誘うもの。天井の有無で区別。

はこおとしは、重りを載せた天井が落下するもの。ただし圧殺してしまうものは禁止。


これは非法定で禁止!人の生命や身体に危害を及ぼすものは禁止です。

実際にくくりわなを使ってみます。


ポイントは、獣道。


いつも道無き道を歩いている自分にとって、罠にかからないようにするためにも重要な知識でもあります。。

檻の見学。あけびの木は折れにくくて、使用する材料として良いそうです。

スーパーで並んでいるパック詰めの肉。金を払えば、生き物の生命の重さもほぼ感じることなく日々食べてる美味しいお肉。

食べるものには、感謝して食べたい。自分が食べる分だけは、せめて自分で手に入れ、そして有り難く頂きたい。そう思って始めたハンターへの道。

イワナの目すら可愛らしく殺すのを躊躇う今日この頃。可愛いお目めの鹿やチビッコウリ坊などをハンティング出来る日が来るのか。。

2017.09.16 信州土産+ボルダリング@イオン松本

松本駅から1.3キロの場所、以前は片倉モールがあった場所に、長野県では1番大きく、軽井沢のアウトレットより大きい、巨大イオンが出来たので行ってみました。

地下の食品売り場の横に、信州土産屋が陳列、また、2階だったかにも信州土産屋が入ってました。他に、松本や信州の美味しいおみせもいくつか。

松本といえば、有名なフランス菓子マサムラ。こちらはベビーシューで有名ですが、遠方への土産には松本城の絵柄のホワイトチョコのクッキーが美味しい。

5ホルンのケーキも美味しいです。500円以上で少し高いですが、食べ応えあり。

個人的には鬼無里のおやきの「いろは堂」が大好き。皮は薄皮、具材はギッシリで、一個食べるだけでもお腹いっぱいです。

スポーツオーソリティの店舗の中に、ボルダースペースがありました。1日1500円。ちょっと時間が空いた時など日、ちょろっと行ってやるのもいいかも。




プレオープンでも人が多く、巨大な人工物の中に長時間いたので、疲れしてしまいました。

2017.09.16 烏川 テンカラ渓流釣り


本日最初に釣り上げだイワナちゃん。

烏川は何度か釣りに来てますが、魚影を見たことがなかった。流量多く流れ強いため、岩魚は期待出来ないとの他の釣り人の記録があった。

さらに今年は、信州ではあまり釣れないとの評判も。


今日もあまり期待しないで、何しろもうすぐ禁漁なので、沢歩きの練習を兼ねて出かけてみた。

入渓してすぐに、岩魚ちゃん。小さいが20はあるかな。


小さな魚影があるが、本当に小さい子ばかり。大きいのは流されてしまったのかな。

3時間ほど釣り上がり、最初の岩魚ちゃんは可愛いので逃してあげました。

またね〜


岩魚ちゃんは、酸素を吐き出してからようやく泳げるので、リリースするときは、しばらく両手で優しく支えてあげると、スーッと渓に泳いでいけるそうです。

帰りにオイカワを釣りに。

ウグイか⁈ 唐揚げにでもするかな。


秋桜が綺麗でした。

2017.09.15 ふじもと焼肉

小川山の帰り、腹ペコな時にちょうどいい、川上村の美味しい焼肉屋さん。


宴会ができるようなお店。中に入ると、煙でモクモクの真っ白の中、肉を焼く人々。地元の方々の飲み会にも使われている様子。


焼肉定食1300円。肉厚のカルビは自分で焼いて食べる。柔らかくて食べ応えあり本当に美味しい!キムチは自家製か甘辛でお土産にもなる。


ご馳走様でした!

2017.09.10-12 前穂高岳〜奥穂高岳

 by AKR
前穂高岳から奥穂高岳への縦走ルートをご案内してきました。重太郎新道、吊尾根、ザイテングラートetc岩場歩き主体のルートです。
前穂高岳と奥穂高岳を繋ぐ稜線が吊尾根です。見えてないか⁉︎

初日は岳沢小屋泊なので歩行時間は3時間程度。

明日に備えて燃料補給!

2日目は早朝こそ青空が広がっていましたが徐々に霧に包まれてきました。天気は下り坂。明日は強風と雨の確率大。暴風雨の中、岩尾根のザイテングラートを下るリスクを考えると予定していた穂高岳山荘に泊まらずに今日中に涸沢まで下りるのが安全であろうと判断しました。お客様の承諾を得て紀美子平から前穂高岳への往復を割愛させていただきました。

雷鳥日和。4羽、出会いましたが写真撮れず…。

霧の中、奥穂高岳に登頂。

穂高岳山荘裏の長い梯子と岩場は要注意です。毎年のように転落死する人がいます。小屋の屋根が見えても油断してはいけません!

相変わらずの霧の中、ザイテングラートを下降し涸沢へ。テント村は天気の影響で閑散としていますが、普段のお祭り状態が異常なのだと思います。

昼過ぎに涸沢小屋にチェックイン。

これで3日目は確実に下山できます。天候との駆け引きも登山の楽しみの一つですよね。
気楽に燃料を補給できる喜び。

3日目。横尾本谷が激流となり荒々しさを見せてくれました。小さな渡渉も何箇所かありましたが昼前には上高地に帰着できました。

計画変更を余儀なくされましたが、このルートは何度歩いても楽しませてもらえます。

2017.09.14 秋色キャッツ

松本の夜は毛布と布団で寝るくらい、肌寒くなってきたこの頃。


キャッツたちは、冷たいテーブルの上やタイルの上から場所を変えて、少し温かいソファや絨毯の上でくつろいでいます。


ルスさんも。お気に入りの15センチの隙間。


クンクン。


絵になるキャットです。