2019.02.07 北海道単身生活

北海道暮らし

初めての北海道暮らしです。

北海道のストーブ
部屋はとにかく暖かい。灯油はガソリンスタンドさんにお願いして来てもらいますが、400L入れるので2ヶ月くらい持つようです。

本州の暮らしとは全く異なります。外は常に氷点下ですが、部屋はあったかい。本当にアイスや炭酸飲料が欲しくなり、冬の家飲みビールが美味しいです。

部屋の中に設置されている、こちらで町の放送が聴けます。雪に閉ざされて外に出れなくても、外の声が聞けるというのは、とても安心です。

ここ枝幸の歌登というところは、とにかく過疎化も進みお店は小さなAコープと北海道のコンビニ・セイコーマートの2軒、飲食店も数件しかありません。冬は特に買い溜めておかないと不安になります。レトルト、お菓子は買い溜めておきました。

北海道初日の買い物。枝幸産のイカ。
生米入れてグツグツと。
イカ飯!枝幸産イカは柔らかくてとっても美味しい!

北海道での料理が楽しくなってきました。しかし寿司も食いたい。

スーパーの半額寿司!うまい!

初めて食べる北海道名物の飯鮨と、オーシャンサラダ。客が限られているからか、半額品がよく残ってます。

飯鮨は、ご飯と魚野菜麹を混ぜて漬け込み、乳酸発酵させてつくったものらしい。うま酸っぱくて、日本酒に合う。

飯鮨は、そのまま食べるものですが、熱湯をかけて食べても美味しかった。そのままが一番うまいが、煮ても焼いてもまた美味い。

歌登の数少ない食堂、みどり亭。帆立フライが美味い!

北海道の楽しい海鮮ですが、実はただいま休漁期間、オホーツク海は流氷に覆われ海に出れません。早く春の漁が始まらないかな!

いろんな海鮮すり身が売っていて、どれにしようかと迷います
蟹すり身にして、グツグツ。
新巻鮭と蟹のすり身汁
宗谷の明太子はお裾分けでいただきました。
ホッケちゃん。大きいので半分。あえて顔を。ホッケは脂がのってて、ごはん何杯でもいけます

冷凍していた枝幸イカを使ってパスタ。

歌登は何もないところ。何もないから人がとにかく温かくて、おもしろい!枝幸歌登民と話していると、毎日がコントのようです。

正直、店の少なさや不便さから、30年前の新潟の田舎を思い出しますが、長くいるとトロケルよ〜〜と言われるように、本当にこの地にとろけてしまいそうですね。守り続けたい良い場所です。

by comic

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

国際協力
2021/12/11 緊援隊研修

まつもと〜まつもと〜の懐かしい変わらない声を聞いていざ横浜へ。何年振りかの電車、しかも満員電車でドキ …

北海道暮らし
2020/01〜02 北海道 冬の道北僻地で暮らす

僻地の暮らし 北海道の道北の音威子府という北海道で1番人口が少ない村に来ています。 いわゆる僻地です …

北海道暮らし
2020/1/11 北海道 抜海 野生のゴマフアザラシに会いに。

野生のゴマフアザラシは、冬の間、流氷に乗って日本にやってくるのだそうです。紋別の方では辿り着いたアザ …