穂高小屋番レスキュー日記 ハチローさんを偲んで

登山・クライミング

ハチローさんにお会いしたのは、ハチローさんが南伊豆のシーカヤックでの事故で亡くなられる数ヶ月前でした。

アイスクライミングのつらら公園で泊り込みで管理をしている時に、ハチローさんが手伝いに来てくださり、除雪機の使い方を教えてくれたり、気づけば黙々と除雪をしてくれていました。

除雪

この本で奥様が書かれている「鳩が豆鉄砲を食らったような」顔で怒鳴り散らすハチローさんの姿しか知らず避けてきたというガイド仲間は、そうではないハチローさんと接して、とても良い人だ、と感激していた程です。

夜はハチローさんがコッヘルで作ってくれたキムチ鍋を囲んで小宴会。仲間との関係や、礼を尽くすことの大切さを熱く語っていました。とても熱く、純粋で、あったかい人、もっともっと多くを語りたい人でした。

峰の原から槍に刺さる夕日を撮ることをハチローさんは楽しみにしていました。
峰の原から槍に刺さる夕日を撮ることをハチローさんは楽しみにしていました。photo by Yoshiki

この本では、穂高での近年の山岳レスキューについて具体的に描かれています。まさに漫画岳のような、もしくはそれよりリアルな遭難救助内容を知ることが出来ます。

多くの命を救助したハチローさんは、山で命を落とすなと多くの登山者に訴えていたようです。それでも、山を熟知した仲間が山で亡くなる現実を前に、「そうでしか、あいつはいきていられなかったのだと。それが死と隣り合わせの行為であったとしても。」と心を整理させようとしていたのでしょうか。

やはり、山という存在は、愛さずにはいられない、懐が深く広く、ちっぽけな人間にとって、偉大で大きすぎるものなのだとも改めて感じました。

ハチローさん 穂高小屋番レスキュー日記

1人でも多くの方が、この本を読んで、救助現場の大変さや、残された家族の想いや、宮田八郎さんという人間の生き様を記録してほしいなと思いました。

by comic kumiko

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

登山・クライミング
2024/06/15 表妙義縦走

表妙義の縦走ルートをご案内してきました。今回は妙義神社から入山し、大の字〜相馬岳〜鷹戻し〜東岳を経て …

登山・クライミング
2024/06/08 妙高の沢

仲間たちと妙高の沢へ。 「沢登り」といってもハイキングの延長のような沢歩き、ゴルジュを泳いで遡行する …

登山・クライミング
2024/6/15 二百名山天塩岳〜西天塩岳〜前天塩岳

道民の仲間に、天塩は熊が多いから、ヒグマ用スプレー準備すべしなど言われ怯えながら入山。 北海道は、熊 …