2019.04.01 北海道のギアナ高地 クマネシリ岳

登山・クライミング

Time.0650 登山口 0745 コル720m 1125? 森林限界1400m付近 1230 山頂直下岩場 1600 下山

10キロ以上続くテーブルマウンテンのクマネシリ岳に登ってきました。

クマネシリ岳は、夏道はありますが、このギアナ高地のような水平の稜線を歩けるのは積雪期のみ。北海道の山民が見たら一度は登りたい!と思う密かな憧れの山です。

ここに車を置きます。夏山でしたら、ここから林道に入り登山道へ向かうのでしょう。

気にしていたのは、林道からすぐの美里別川の渡渉。今年は雪が少ないですが、なんとか、スノーブリッジがくっついてくれていました。長靴もビニール袋も裸足も不要でした。

標高約550mから、720m辺りのコルまでは、細かい沢が入り込んでいて、GPSが無いと地図コンパスだけでは時間がかかる。

720mのコルから標高を下げたくなかったので、トラバースしながらいくと、スノーシューでの脚に負担が大きかった。沢に降りて沢を詰めるべし。お陰で脚がつりまくりです。

1300のコルに登りあげるのは、パウダー雪の急登で苦労する。

ようやく視界が開けたのは1400m辺りから。

クマネシリ岳と左におっぱい山(西クマネシリ岳)

左に南クマネシリ岳、奥に石狩岳

南クマネシリ岳のピークはポコンと飛び出しているので分かりやすい。

ギアナ高地に上がって4キロ、少しずつ近づいてきたが遠い。

ひたすらの平坦な歩きだが、とにかく天気がよく風もないのが嬉しい。

もうすぐ〜

ようやく〜

正面は難しいですね。

少し東側なら登れそう。しかし今回は、新しく買ったアルパインスノーシュー試しばきで、両下肢こむら返りで、登ってる時に両下肢つったら大変!そして時間もそろそろな頃なので、ここで終了。夏は反対側から山頂にアプローチ可能です。

岩場から、ギニア高地。

そしてまたややこしい沢道をひたすらに降ります。もう両脚ダンベル付けた感じ、とにかく温泉とビールだけで良いです。

帰りに野良キツネ。誰かが餌を与えたのか、近寄ってきます。冬は毛がモコモコでとっても可愛いですが、夏は痩せっぽちで可愛くないと道民より。

立ち寄り湯は、置戸勝山温泉ゆぅゆ。500円。小綺麗な温泉で、レストランもあります。

人気メニューの釧路カラスハモの鱧重1100円。柔らかくて、あま〜い

サッポロクラシックの生は初めて飲みました。今日はこのまま車中泊です。

by comic kumiko

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

百名山
2021/10/23-24 岳沢トレール&焼岳

週末はモンベルアウトドアチャレンジの岳沢トレール&焼岳のガイドでした。 上高地は登山者よりも紅葉狩り …

登山・クライミング
2021/10/18-19 筑波山

筑波山麓で企業研修のお仕事。 普段、山に登っていない方々が山に登った時に得られるモノは無限大ですね。 …

登山・クライミング
2021/10/16-17 四尾連湖と蛾ヶ岳2days

モンベルアウトドアチャレンジの新イベントで山梨県の四尾連湖&蛾ヶ岳へ。 四尾連湖まで車で入れ …