2018.04.08 英彦山

阿蘇を最後に大観峰から北上。

杖立温泉を通り

彦山駅を通り。

さあ、英彦山へ。

春です

長い長い階段を登っていきます。地元の方が朝から掃除をされてます。

巫女さん

全日の季節外れの雪で、久々の雪山ハイク。

綺麗な参道でした。おつかれさま。

昼に立ち寄ったラーメン屋。絶品でした。

開門海峡を超えて本州へ。

広島の呉は大きな町です。

ようやく夕飯にありつけました。牡蠣の天ぷら。揚げたてを小出しで出してくれます。

2018.03.25 九州の百名山 祖母山 黒金〜宮原尾根

九州の山を探すと出て来た、九州の百名山である祖母山、全く聞いたことがなかったし、どこか地味な印象があった。

調べるうちにだんだん興味が湧き、登るのが楽しみになってくる。その偉大な自然とそこに歴史があるから。

コースタイム

0430 阿蘇 0615 尾平 0630 登山口 1000 祖母山山頂 1030 1330宮原経由で尾平へ 渓流釣りしながら下山

————————–

祖母山は美しい渓谷に囲まれていてどこから入山するか悩む。西側の五ヶ所高原はウェストンがそこから登山したとのことで、そのルートを辿るのも面白そうだが、東側の奥岳川源流にはイワナでは無いイワメというものが住んでいるようだと資料で目にし、またその登山口尾平は昭和初期には鉱山があり3000人が暮らしていたと知り興味があり、今回は奥岳川の源流川上渓谷から入ることにした。

黒金尾根から登るか宮原尾根から登るか迷ったが、分岐の標識に、登りは黒金ハードトレイルと書いてあるので、その通り黒金から登る。

ところどころ残雪。トラバース&鎖&梯子などあり、太陽の当たらないところではアイスバーンの箇所もある。でもチェーンスパイクあるので問題無し。

祖母山に向かって

山頂につくと、各登山道から登ってきた沢山の登山者がいる。でも尾平から登って来た人はいない。あれほど駐車場に車があったのにどこに行ったのか⁈

千葉から車で百名山を登りに九州から北上してきたというおじさんや、大分の地元の方とお喋り。

下山は宮原ルートで。すぐに9合目避難小屋、とても立派な小屋です。

宮原ルートは、上部の馬の背はほんの数メートル、あとは比較的なだらか。登りに使った黒金ルートが1番難しいところだったらしい。

23年にこの山域で熊の目撃情報あり。

下山し、祖母山を祀る健男神社へ。

こんなに大きく立派な杉をみたのは初めて。圧倒されます。戸隠よりすごいかも?

その後、山頂で会った地元の方に教えてもらった緒方の東洋のナイアガラへ。

すばらしい場所でした。

大分は竹田温泉へ。

大人気の丸福でとり天と鳥から。

お腹いっぱい。ごちそうさまでした。

2018.03.14 由布岳 鶴見岳

九州登山ツアー第2弾

由布岳は見た目がとってもカッコいいので、一目で惚れ込んだのだ。

正面登山口から西峰、東峰〜周回へ

09:10 正面登山口 10:40 西峰 休憩 11:20 東峰 12:05 日向岳分岐 12:15 日向岳 13:00 正面登山口 Total 4h弱

なんとも素晴らしいお山。

どっちに行く?西峰側は岩場の危険地帯です。

こんな岩場が数カ所。脚が滑って手で鎖を掴みきれなければ命はあるか?というほど。

印もあまりないので、うっかり、誤ったトレースの岩場に取り付いたら大変、蝉になるか滑落の可能性。

それにしても素晴らしい景色。東峰を眺める

由布岳西峰1583.5m

ここから北側のお鉢巡りルートも点線ですが、行けるようです。また次回。

下りの方が危ないですね〜お気をつけて

東から西峰をみる

東峰へ

由布岳東峰、ここから日向岳方面へ

鶴見岳はすぐそこ

嫌な感じのとこに結構雪が残ってるのでスパイク着

東峰からも嫌らしい鎖場があります。

日向岳 ここまでの前後のルートはとてもわかりにくい。人もあまり入ってない様子でトレースほぼなし、道標無し、テープ無し。

あるのは、木や岩に黄色いスプレーの印なので、よーーく見てないと道迷いする。暗くなればもう動けませぬ。道迷い遭難多そう。

下山

やっぱり遭難多いのかな、九重近辺の山岳遭難は昨年過去2位で50件とか。


さて下山してお隣の鶴見岳へ!

こちらは九州最大のロープウェイを利用します。時間がないので。片道1000円、往復1600円

別府のまちと湾がよく見えますね〜

展望台から

巨大温度計!10度でした。

山上駅から山頂付近で七福神巡りができます

大黒天!

鶴見岳山頂

ロープウェイ乗り場への登山道下山ルートは山頂から少し引き返してから。

来月4月に海抜0から登るイベントがあります

ようやく神社まで辿り着きました。

とても古く歴史ありそうな神社

立派な杉

鶴見岳は隣の由布岳とはちがって、岩場もないしひたすら樹林帯ののんびりした山でした。


下山後、温泉!別府にいくか湯布院にいくか〜どうしよう。湯布院は東京で疲れたOLさんに良いお洒落な感じ?ということだったので、では、ソープ街にあるという別府温泉の温泉へ!

商店街を抜けて

なんとも素敵な竹瓦温泉でした。

100円です。シャンプー石鹸持参。

観光案内人に伺い、大分名物のとり天が美味しいレストランへ。

1150円くらい。とーーっても美味しかった。1人でもカウンターで気軽に入れます。

帰りもぶらっと。そして阿蘇へ帰ります。

2018.03.04 九重山 阿蘇山

九州登山ツアー 第一弾!

阿蘇山火口入山規制が先月解除でお祝いムードも束の間。くまモン❣️

活動生微震が増え再規制。活火山はいつ噴火するか分からない。登山をするもしないも、自分の身は自分で守るしかない。

ということで、本日は活動が怪しい阿蘇山をやめて、九重山へ。

こちらは途中林道から涅槃像の阿蘇山を眺める


8:10

牧の戸峠登山口、大人気です。でもここからスラブ階段凍りつきで、撤退者多し!残念!九州最高峰ギリギリ残雪装備ですね。

アイゼンまでは要らず、チェーンアイゼンかなり快適です!

久住山へ

下りて登って

稲星山

下りて登って

九州最高峰の中岳1791

中岳から硫黄岳噴煙がみえます

御池と久住山と稲星山

中岳をふりかえる

久住山避難小屋

12:10 下山


ブーン

阿蘇に戻り、YMCAにて今後のボランティアについて打ち合わせ。


時間あるので、草千里ヶ浜へ。

行き止まり。まだあちこち道路が復旧してません。

ちょっと立ち寄り

草千里ヶ浜と烏帽子岳

時間あるので杵島岳へ。

噴煙…

30分で到着

烏帽子岳

杵島岳と往生岳

悲しい

立ち入り禁止

引き返します。

米塚 伝説の多い寄生火山とか。登山禁止だけど道がある?

杵島岳と往生岳

なんかほんとに大噴火しそう

帰りに温泉&ラーメン

いっぱい遊んだ。明日からまた頑張りましょう