2018.03.25 九州の百名山 祖母山 黒金〜宮原尾根

九州の山を探すと出て来た、九州の百名山である祖母山、全く聞いたことがなかったし、どこか地味な印象があった。

調べるうちにだんだん興味が湧き、登るのが楽しみになってくる。その偉大な自然とそこに歴史があるから。

コースタイム

0430 阿蘇 0615 尾平 0630 登山口 1000 祖母山山頂 1030 1330宮原経由で尾平へ 渓流釣りしながら下山

————————–

祖母山は美しい渓谷に囲まれていてどこから入山するか悩む。西側の五ヶ所高原はウェストンがそこから登山したとのことで、そのルートを辿るのも面白そうだが、東側の奥岳川源流にはイワナでは無いイワメというものが住んでいるようだと資料で目にし、またその登山口尾平は昭和初期には鉱山があり3000人が暮らしていたと知り興味があり、今回は奥岳川の源流川上渓谷から入ることにした。

黒金尾根から登るか宮原尾根から登るか迷ったが、分岐の標識に、登りは黒金ハードトレイルと書いてあるので、その通り黒金から登る。

ところどころ残雪。トラバース&鎖&梯子などあり、太陽の当たらないところではアイスバーンの箇所もある。でもチェーンスパイクあるので問題無し。

祖母山に向かって

山頂につくと、各登山道から登ってきた沢山の登山者がいる。でも尾平から登って来た人はいない。あれほど駐車場に車があったのにどこに行ったのか⁈

千葉から車で百名山を登りに九州から北上してきたというおじさんや、大分の地元の方とお喋り。

下山は宮原ルートで。すぐに9合目避難小屋、とても立派な小屋です。

宮原ルートは、上部の馬の背はほんの数メートル、あとは比較的なだらか。登りに使った黒金ルートが1番難しいところだったらしい。

23年にこの山域で熊の目撃情報あり。

下山し、祖母山を祀る健男神社へ。

こんなに大きく立派な杉をみたのは初めて。圧倒されます。戸隠よりすごいかも?

その後、山頂で会った地元の方に教えてもらった緒方の東洋のナイアガラへ。

すばらしい場所でした。

大分は竹田温泉へ。

大人気の丸福でとり天と鳥から。

お腹いっぱい。ごちそうさまでした。

熊丼誕生

北杜市在住のN氏から熊肉をいただきました。

どうやって食べようかな〜。

臭みのある肉の料理の定番といえばカレー。

カレー粉を多めにして臭いを封じ込めたつもりでしたが、硬いゴム状の熊肉を噛んでみると口の中に独特の熊臭が広がりました。ちなみにシチューにした時にはシチューの味が完全に熊臭に負けて粘土のような臭いが漂ってましたから、シチューに比べればOKなレベル。

「茹でてはお湯を捨てる」を繰り返したら?という友人のアドバイスを参考に熊料理に再々チャレンジ。

冷凍肉をスライス。

「茹でてはお湯を捨てる」を繰り返す。

お湯の熊臭が消えるまで繰り返し、タマネギと一緒に酒、みりん、醤油をぶっかけて炒めて御飯にのっけて「熊丼」の出来上がり。

独特な熊臭なし。しかし食べてみないと油断はできない。

Let’s try!

うっ、…うまい!!!御飯が進む!!!クセになりそうだ。

ジビエは手間と時間をかけるべし!!!

2018.03.22 街に雪が降りました

我らがヤマンザイオフィスのある松本では雪が降りました。

卒業式に向かう袴姿の信大生がお気の毒ですが、卒業式シーズンには毎年、雪の松本を思い出し信州生活を懐かしむことでしょうね。

早朝から雪かきをしましたが、使う筋肉が普段と違うので全身が筋肉痛になりました。

安曇野へ出かけましたが、溶けかけのシャーベットのような重い湿雪なので、道路沿いでは雪の重さに耐えられず折れて倒れている樹木を見かけました。登山道にも影響がでているかもしれません。

高山では雪崩にご注意下さい!

2019.03.12 熊本地震復興支援 高所作業ボランティア

震災作業の旗を付けたトラックが、阿蘇の西部で行き交っている日々。

国土交通省 東側ルート(東側ルートとは阿蘇山をもとに言われている。阿蘇山の民が生きる場所なのです。)

クライマーを送る会が震災の直後から支援活動をしてきたYMCAからのご依頼。雨樋の落ち葉を掃除してほしいと。これは、いつも頼んできた建築関係の方が、忙しくて捕まらないということだった。

↑震災で崩れ水害で削れた阿蘇の外輪山。

まさに復興を進めている現在、仮設住宅生活から住宅再建を待ちわびる方々も、まだまだ沢山いる。

YMCA阿蘇

ということで、そうだ、私はクライマーを送る会の人なんだ(笑)

誰も捕まらないので、1人で作業。

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

場所を変えて作業

阿蘇山をみて一息

紹介でYMCAの保育園を訪れる。こちらも被害があり、前庭は傾いている。園長先生にご案内していただきました。

下のグラウンドでは、グランドゴルフというものが盛んで近所の高齢者の皆さま楽しんでいました。信州でいう、マレットゴルフとはまた違うのかな?

保育園の裏には森があり、園児も一緒に間伐を行なっているとのこと。下から一気に皮を剥がすと、木が枯れて間引きし光が差し込むというもの。

その木で机や椅子などを作って保育園で使用している。

色々ためになるお話をありがとうございました。


時間があるので、観光に。

それにしても、野焼きで、黄金の山が一瞬で真っ黒になってしまいました。

道の駅小国でジャージ牛乳ソフト。うまい

わいた温泉へ

わいた温泉や杖立温泉では湯気が立ち上り、その湯気で野菜などを蒸して食べているそうです。

サツマイモとか人参とか、野菜も売ってますが地元民は持参していくと良いと。

車中泊で入れるみたい?

次に黒川温泉へ。ここはものすごい人気の温泉らしい、小径に車で入ってしまったら引き返せないし人で混雑してるしもう大変。洒落た店も多し。車から眺めて引き返してきました…

帰りに野焼き発見!野焼きは死亡事故や山火事もあったことがある危険を伴うものですが、このお陰で牛さんが悠々と生きていける、阿蘇には必需の行事です。

5月には、真っ黒な大地から青い芽吹きがあり、その頃の阿蘇がとても美しいのだと言います。

突如現れる不思議な場所。鹿がいました。

誰が管理してるのでしょう。ヒゴダイとは?

残っている時間がないので、本日も弾丸観光でした。

2018.03.20 熊本地震復興支援 益城町テクノ仮設住宅

阿蘇の病院勤務の休みを利用し、一番規模の大きい益城町の仮設住宅へ。

とても広い土地にあります。もともとは工業団地になる予定だったとか。隣は自衛隊基地で連日ヘリが飛んでいるとのこと。

516世帯だったのが、震災からもう直ぐ2年ですが、400位には減ったとのこと。自宅再建できた方が戻り、だんだん人が少なくなっているとは言っていましたが、それでもまだ2割の方しか新しい家で再出発出来ていない現状。

少なくなったのは、支援団体。多くの支援団体が入り、冷蔵庫や家具やロボットや多くの物を提供していたようです。現在、毎日活動している団体は、CANNUSのみとのこと。あともう1つはACT熊本という東日本大震災から被災者を熊本に避難させたことから始まった団体が火曜日のみの活動。

キャンナス事務所。

キャンナスはナース、地域支え合いセンターだったかの方々が働かれていました。私はAMにお茶っこというお茶会で血圧測定、仮設住宅に住まわれている方々のお話を伺いました。

キャンナスは独居高齢者の孤独死を予防するために、隔日水道メーターをチェックしているそうです。これはなかなか根気のいる仕事です。本当に何が大切なのか、お給料をもらっているが自分は何のために働いているのか、仮設住宅で暮らす方を支えるという目的を考えたら、必要なことを継続していくことは明確。

住宅はA〜Fに分かれそれぞれ自治体をつくり営んでいる様子。それぞれにある集会所を見ると利用されているところと活用されていないところと。

カラオケやお茶会や体操など、イベントはありますが、参加する人は限られている。でもそれでいいのだと思います。無理をしないで自然が良いです。

笑店街!

でもやはり、我慢はしてると思います。不便な生活や新しい人間関係。ストレスは溜まります。

ちなみに私は病院附属のグループホーム一室をお借りして暮らしていますが、調理が出来ないため病院食&レトルト生活、シャワー時間を考えたり、歩いたりドアを閉めたりうるさくしないように気を遣い、1ヶ月でストレスを感じつつあります。

今回、キャンナスの方は忙しいためか、活動概要なども全くなにも説明がなく残念でしたが、また時間があれば伺いたいと思いました。

運良くたまたま週一でお喋り会と炊出しをしている、ACT代表遼さんの興味深いお話をたくさん伺いました。震災後の支援活動開始から、これまでの経過や、ひとつ残っているキャンナスの取り組みや、遼さんのボランティアの考え方まで。色々と考えさせられました。ありがとうございました。

笑店街にて仮商店を開業中。地震で店が潰れてしまったお母さんが、地震の時の状況をお話してくれました。目眩のようにぐーるぐーる回っていたそうです。

いきなり団子、被災前から大好評。本当に美味しい!

震災直後は業務用車でしばらく寝泊まりしてたそうです。車が大きく足を伸ばせて寝れたので良かったと。また震災前から震度1くらいが続いていたらしく気持ち悪かったと言っていました。そして今でもまた起こるかもしれないと、備えをしているとのこと。

たった1日の活動でしたが、病院勤務では、やはり何も見えない、復興支援ナースだけど、人数合わせになるだけ。外に出て色々な側面から色んな方にアプローチしないと、ここに来た意味がない。

今日色々お話をしてくださった皆さま、ありがとうございました。

2018.03.15 熊本地震復興支援 阿蘇の休日

阿蘇観光へ。

阿蘇五岳の一番東、根子岳の登山口をちょいのぞきに。

災害で道が割れて辿り着けませんでした。

土砂で道が塞がり行けませんでした。

もう1つの登山口は確認できず。また次回。

今日の本当の目的へ。

上色見にある熊野神社

この神社の裏が本物の神様でしょうか。

穴を目指して登山。

神様がいらっしゃいます。

高いところから失礼致しました。

このいただいたチケットを使うために。

次の目的地へ。

志村動物園でも有名な場所

ヒグマ

ツキノワグマ

みーんなどの動物も寝てます。夏になったらどうするでしょう。

うーん、山で会うのはもっとデカイな。餌を獲らなくていいから暇ですね。

初めまして!

20年越しにようやく会えたのに、鼻くそを吹っかけられましたよ

もっこもっこで暑いですね。

笹で家に巣を作って取り合い。

猫みたい

阿蘇ジャージー牛

コンニチワとしゃべってました。

メェ〜

突かれる前に帰ろう

動物たちのショーもなかなか見応えあり。

野生動物と会うことの方が多いため、何処かで不自然さを感じてしまうのは仕方ないことか。

カドリーを出てお隣の人気阿蘇料理店、山賊旅路へ。

じゃーん!阿蘇名物のダゴ汁と高菜飯のおにぎり。

腹いっぱい!

この足で次の目的地へ。

阿蘇村の白川水源

地面から水がポコポコ限りなく湧き出ていました。小さい魚はなんでしょう

春ですね

水汲みに来るようです

濃くてうまい!

水源はあちこちにあるのです。

CMでも有名となった見晴台駅

阿蘇鉄道はまだ全部復興していません。

仮設生活はまだまだ続きます

道路復旧もまだまだ

本日最後の目的地へ。阿蘇市内牧温泉近く、保健センターにて、復興支援の落語会。

落語家の古今亭駿菊師匠。東日本大震災のときも被災者のみなさんを元気付けてきたとのこと。この蕎麦の食べ方、定番ですが、上手すぎて魅入ってしまいます。

南京玉すだれも楽しい

新宿ゴールデン街の歌手の浜さんも会場を盛り上げてくれました。

楽しいひとときでした。ありがとうございました。

毎日新聞載ってました。https://mainichi.jp/articles/20180315/ddl/k43/040/276000c

また無料チケットを使わせて頂き、阿蘇駅近くの温泉、夢の湯へ。

そしてなんだか疲れてしまいまして、2度目の尺間ラーメンへ。

黒ラーメン600円 美味しかったです。

おつかれさま〜

by comic

2018.03.14 由布岳 鶴見岳

九州登山ツアー第2弾

由布岳は見た目がとってもカッコいいので、一目で惚れ込んだのだ。

正面登山口から西峰、東峰〜周回へ

09:10 正面登山口 10:40 西峰 休憩 11:20 東峰 12:05 日向岳分岐 12:15 日向岳 13:00 正面登山口 Total 4h弱

なんとも素晴らしいお山。

どっちに行く?西峰側は岩場の危険地帯です。

こんな岩場が数カ所。脚が滑って手で鎖を掴みきれなければ命はあるか?というほど。

印もあまりないので、うっかり、誤ったトレースの岩場に取り付いたら大変、蝉になるか滑落の可能性。

それにしても素晴らしい景色。東峰を眺める

由布岳西峰1583.5m

ここから北側のお鉢巡りルートも点線ですが、行けるようです。また次回。

下りの方が危ないですね〜お気をつけて

東から西峰をみる

東峰へ

由布岳東峰、ここから日向岳方面へ

鶴見岳はすぐそこ

嫌な感じのとこに結構雪が残ってるのでスパイク着

東峰からも嫌らしい鎖場があります。

日向岳 ここまでの前後のルートはとてもわかりにくい。人もあまり入ってない様子でトレースほぼなし、道標無し、テープ無し。

あるのは、木や岩に黄色いスプレーの印なので、よーーく見てないと道迷いする。暗くなればもう動けませぬ。道迷い遭難多そう。

下山

やっぱり遭難多いのかな、九重近辺の山岳遭難は昨年過去2位で50件とか。


さて下山してお隣の鶴見岳へ!

こちらは九州最大のロープウェイを利用します。時間がないので。片道1000円、往復1600円

別府のまちと湾がよく見えますね〜

展望台から

巨大温度計!10度でした。

山上駅から山頂付近で七福神巡りができます

大黒天!

鶴見岳山頂

ロープウェイ乗り場への登山道下山ルートは山頂から少し引き返してから。

来月4月に海抜0から登るイベントがあります

ようやく神社まで辿り着きました。

とても古く歴史ありそうな神社

立派な杉

鶴見岳は隣の由布岳とはちがって、岩場もないしひたすら樹林帯ののんびりした山でした。


下山後、温泉!別府にいくか湯布院にいくか〜どうしよう。湯布院は東京で疲れたOLさんに良いお洒落な感じ?ということだったので、では、ソープ街にあるという別府温泉の温泉へ!

商店街を抜けて

なんとも素敵な竹瓦温泉でした。

100円です。シャンプー石鹸持参。

観光案内人に伺い、大分名物のとり天が美味しいレストランへ。

1150円くらい。とーーっても美味しかった。1人でもカウンターで気軽に入れます。

帰りもぶらっと。そして阿蘇へ帰ります。

2018.03.01〜熊本地震復興支援@阿蘇

2016年4月14日の熊本地震発生からもうすぐ2年が経過するところ。

地震直後に支援に来たかったのだが、仕事で来れず、ようやく来ることが出来た。

comicは復興支援看護師として、阿蘇の病院に勤務中。たったの1ヶ月の滞在だが少しでもお役に立てるように頑張ろう。

写真は阿蘇の観光名所として押さえておきたい大観峰から。病院からすぐなので、もう4回は行ったかな。

阿蘇〜熊本間にある阿蘇大橋が崩落。そのため、熊本との行き来が不便になった。未だに復旧されておらず、鉄道の再会なく、熊本へ行くにはJRの代行バスだとか。

阿蘇の病院に勤務しているスタッフも、地震直後は南阿蘇方面から15分だったところが、2時間もかかかっていた。

交通の便はまだまだ改善されておらず、病院スタッフも通勤にストレスを感じたり、子どもが通学困難となり、阿蘇を去らざるを得なくなったという。そのため、病院スタッフはもともと人手不足なのに、深刻な状況。

あと一年程は、復興支援看護師を募集するとのこと。

人助けのため、阿蘇観光もできる、復興支援ナースに是非。

お問い合わせは、熊本県ナースセンター

2018.03.03-04 MOC根子岳&アイスクライミング

週末は峰の原高原つらら公園とモンベルアウトドアチャレンジとのコラボレーション企画でした。

初日はスノーシューで峰の原から菅平をウォーキング。そして我らがつらら公園でアイスクライミング体験。

人生初体験のアイスクライミング。68歳男子もつらら制覇!

参加者の皆さんは「ペンション・スタートライン」に宿泊。ここのご主人様は峰の原を盛り上げるために常時走り回っておられます(笑)

2日目は根子岳へ。

奥ダボススキー場からリフトでリフトトップに上がり、ここからスノーキャットに乗ります。キャットとはキャタピラー、スノーキャット=雪上車のことですな。「雪猫」ではありません(笑)

9時発のスノーキャットは2台とも満員でした。天気いいですからね〜。

乗り心地が良いといえば嘘になります(笑)。根子岳山頂がどんどん近づいてきます。

スノーキャットの終点から徒歩10分で根子岳山頂。自己最高地点というお客様も!

眺めを楽しんだら下山開始。実は今日は「山登り」ではなくて「山下り」でしたね。スキーで下る人も大勢いますが、私たちはスノーシューイング。

北アルプスがくっきりと見渡せます。一昨日は天気が大荒れ、明日から再び荒れ模様。なんという幸運な週末!

皆さん、山から元気をいただいて帰途に着かれました。

そして3月4日をもちまして峰の原高原つらら公園 The Icicle Park の今シーズンの営業が終了となりました。

ご利用いただいた皆様、ありがとうございました。チーム・ヤマンザイも氷瀑作りからインストラクションまで貴重な経験を積ませていただくことができました。信州にまた一つ故郷が増えました!