2020.12.13 アイゼントレ

雪山登山

本格的に冬山シーズンを迎える前に所属山岳会で岩場でのアイゼントワークのトレーニングを行いました。場所は古くから山岳会や救助隊などに利用されている物見岩です。

曇天で今にも雪か雨が降りそうな気配の中、とりあえず岩場のてっぺんまで歩いて登りました。ここからは善光寺平の原風景が望めます。

上部の岩場では登山靴での岩場の登下降、アイゼンを装着しての登下降やフィックスロープを張っての岩場の通過などを実践しました。

初めてアイゼンを使用する新入会員の皆さんも戸惑いながらも反復練習に励みました。

高校生の超若手も入会して活気が出てきました。指導する先輩も本気です。世代を越えて苦楽を共にし、同じ釜のメシを食らいテントで生活するという経験は山以外ではなかなかできるものではありません。

色々な人と一緒に登ると勉強になります。

※山岳会によって異なります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

登山・クライミング
2024/06/15 表妙義縦走

表妙義の縦走ルートをご案内してきました。今回は妙義神社から入山し、大の字〜相馬岳〜鷹戻し〜東岳を経て …

登山・クライミング
2024/06/08 妙高の沢

仲間たちと妙高の沢へ。 「沢登り」といってもハイキングの延長のような沢歩き、ゴルジュを泳いで遡行する …

登山・クライミング
2024/6/15 二百名山天塩岳〜西天塩岳〜前天塩岳

道民の仲間に、天塩は熊が多いから、ヒグマ用スプレー準備すべしなど言われ怯えながら入山。 北海道は、熊 …