2019年8月26〜27日 南アルプス深南部 兎岳 作業

登山・クライミング

芝沢ゲートは満車です。ここから登山口まで林道2時間歩き。

朝日が差し込み綺麗です

やはり橋が流されないことはなく

1人で川を渡るのに20〜30分かかりました。

聖岳越えで

兎岳避難小屋、水5Lとビール1Lとジンギス1キロと宿泊道具で、コースタイム通り12時間かかってしまいました。

避難小屋は意外にも人気で他に3名宿泊、ジンギス持ってきすぎたのでお裾分け。それにしても、みなさん小屋着が遅いのでは?20時過ぎてますが。

聖岳と朝焼け

2年前に撤去した防鹿柵のあとの、兎平のお花畑を確認です。

お花畑満開でしたが、鹿も近くにたくさんいました。食べない花だけ残っているのでは、と心配です。

帰りは近い若松尾根でくだります。

倒木多しですが、便ガ島から聖ルートより楽です。

苔や緑はやはり美しい

若松山

兎洞林道に出ます。

天竜川の静岡側にしかないアザミ

若松山避難小屋は、遠山山の会の方が作ったものですが、釣り人に利用されています。中に青大将みたいな大きな蛇が住んでました。

トラロープつかんで、崩壊地トラバースでお一人落ちそうになり、かなり神経使うリスク高い道です。

スノーシェイドですが、崩落で水が腰までたまり、反対側は崖なので、柱を使ってトラバースです。

林道が長すぎるため、教えてもらった小尾根というかヤセ尾根ですが、ここを下るのも両端100mくらい切れた尾根なので、一歩間違えたら死にそうです。

大変なバリエーションでした。

とりあえず無事に堰堤下に降りれました。渡渉して渡り、30分で芝沢ゲート到着後です。

やはり南アルプス深南部はレベルがたかいです。なにしろ、年に4ミリも隆起している、生きてる山ですから、崩壊は仕方ないのですが、もうすこし、崩壊の少ない登山道を作れないものかと思います。

帰りは、遠山郷のかぐらの湯で疲れを取り、美味しいごはんをいただきました。

こちらは、若松尾根でひろったもの。バリエーション好きの方の落し物。

おつかれさまでした。みんな生きてて良かった。

by comic

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

登山・クライミング
2022/12/03 若穂太郎山

長野市若穂の太郎山へ。 上田の太郎山同様、地元民に愛されている里山。登山コースはいくつも整備されてい …

北アルプス
2022/11/28 松代・尼厳山

長野市松代の尼厳山(あまかざりやま)へ。 展望が良いことから戦国時代には山城が設置されていました。近 …

登山・クライミング
2022/11/25 虫倉山

長野市の「西山」山域の虫倉山へ。 朝の池田町ヘッドクオーター・オフィス(笑)からの展望が既に絶景。 …