2019年6月29日、7月1日 南アルプス 甲斐駒ケ岳 & 仙丈ヶ岳

登山・クライミング

北沢峠から、甲斐駒ケ岳へ。

29日は長衛祭。天気があまりパッとしないが関係ない、たくさんの登山客は祭を目当てに来ている。雨で甲斐駒ケ岳に登っているのは、トレランナーか、大学生。

栗沢山は宇多田ヒカルさんの南アルプスの水のCMで有名な山。栗沢山を背後に登っていく。

摩利支天がわずかに顔を出す。東駒の山頂は雲の中。

六万石を過ぎると、分岐がある。直登ルートと巻道ルート。看板は立派でどちらのルートも1時間。何も知らないと直登ルートにいくでしょう。しかし、ここは破線ルート、上級者向けなので、全くの初心者は、切れたった岩場の上でセミになってしまう可能性大。トラバースの巻道なら問題なし。

甲斐駒ケ岳山頂は貸切り。

帰りは駒津峰から、双子山を経由して。

北沢峠のこもれび山荘の裏に着く。

北沢峠ー仙水峠ー甲斐駒ケ岳ー双子山ー北沢峠 9時発14時半着


6月30日は最強の風であり、そのため、1日空けて、再び北沢峠へ。

7月1日、この日もやはり天気は安定しない。月曜日なので、登山客は1人か、あとは関係者。

甲斐駒ケ岳には登山道に雪は全くありませんでしたが、仙丈への馬の背にいくルートにはまだまだ残雪があります。

前日の豪雨で渡渉地点もやや難儀

馬の背にはスタッフが多くいたようです。5日から営業で、準備をしているようです。

実は5合目から本当は通行禁止だったようです。馬の背ヒュッテの作業で、5合目の通行禁止は解除されていたので、気づきませんでした。まあでも、この時期はチェーンスパイクくらいお守りに持ってれば、どこでも歩けますね、危険なら引き返せばいいだけ。

黄花シャクナゲがたくさん咲いていました

仙丈小屋までも残雪多し

また反対から超えて小屋に到着

何回来ても、冬以外は、ガスの中。夏はガスであることが多い、そして、いつも雷鳥に合うのです。小屋でまったり、女子スタッフとまったりお喋りしてしまいました。お邪魔しました。

小屋の上もツルツルに凍っていて、こりゃ乗れば滑ってどこかにいってしまいますね。

やはり真っ白、雨具を着込みます

そして雷鳥、2匹のオスに出会いました。

小仙丈が岳

北沢峠から2合目辺りまでの入り口は3箇所あり、1番手前のメインルートは、アップダウンが疲れるので、2番目のルートから登り、帰りは1番奥のルートから下山。ここには北岳見晴台があり、林道合流点には、飲み水場があり、喉を潤すのにちょうどよい。

平日14時台のバスがないため、1時間以上、こもれび山荘でまったり、ここでもスタッフ女子とお喋り、暖炉が暖かくついつい居心地よくバスを逃すところでした。

北沢峠ー馬の背ヒュッテー仙丈が岳ー小仙丈が岳ー北沢峠、9時過ぎ発13時半着

by kumi comic

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

百名山
2021/10/23-24 岳沢トレール&焼岳

週末はモンベルアウトドアチャレンジの岳沢トレール&焼岳のガイドでした。 上高地は登山者よりも紅葉狩り …

登山・クライミング
2021/10/18-19 筑波山

筑波山麓で企業研修のお仕事。 普段、山に登っていない方々が山に登った時に得られるモノは無限大ですね。 …

登山・クライミング
2021/10/16-17 四尾連湖と蛾ヶ岳2days

モンベルアウトドアチャレンジの新イベントで山梨県の四尾連湖&蛾ヶ岳へ。 四尾連湖まで車で入れ …