2019年6月3日 飯士山 負欠スラブ+負欠岩 プチアルパイン

登山・クライミング

アプローチ:石打方面から五十嵐交差点で左折、すぐに橋が出てきたら右折し細い道を登っていく。林道入り口に鎖がかけられているが外して中に入れる。約2.5キロで登山口と奥に駐車スペースのある古い建物がある。

飯士山登山口

晴れ間を狙って、気になっていた新潟の飯士山へ。スラブなので、雨では行けません。

飯士山 ルート分岐

負欠ルートと尾根ルートがあります。負欠ルートを辿れば、負欠岩にはたどり着けます。負欠スラブに行くには、尾根ルートに進み途中左側のわかりやすい目印のあるルンゼに入るとすぐにスラブが現れます。スラブに覆われた飯士山西側は、負欠岩と離れ右側に行きすぎると行き詰まりとなるクライマーもいたようなのでご注意。

負欠スラブ取り付き
林道からルンゼの岩場を上がるとすぐに現れる

取り付きから。負欠岩近くまでスニーカーで行けるほど。

景色を楽しみながら。

負欠岩までトラバース

負欠岩と同じ高さ、少し右に来たので、トラバース、ここからロープで中間の薮を越えて、負欠岩へ。

インスタ映えの負欠岩

負欠岩には斜面上部末端から簡単に登れる。岩の北側を負欠ルートの登山道が通り、こちらにもクライミングルートがあるが、切り立っている。

飯士山の稜線は気持ちいい
飯士山の稜線は気持ちいい

急登の痩せ尾根を登り稜線に出ると、ツツジが綺麗。

コイワカガミ

コイワカガミも咲いている

飯士山西峰

西峰に到着。

飯士山本峰

さらに15分程で飯士山本峰。

飯士山山頂から

山頂からは、八海山から谷川岳、苗場山などが見渡せる。

負欠ルートと尾根ルート分岐

帰りは尾根ルートで下山。

ひたすら続くトラロープ様々で滑るように下山出来ます。

ワラビ

帰りはワラビ採り。

飯士山にはたくさんのルートがあり、鋸尾根は冬に登ればなかなか楽しめるルートかと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

奥秩父
2022/06/30 小川山クライミング

関西からのお客様を小川山廻目平へご案内しました。お客様は関西から夜行の高速バスで小淵沢までいらして日 …

百名山
2022/06/25-27 北岳・間ノ岳

モンベルアウトドアチャレンジ「北岳・間ノ岳」で南アルプスへ。 芦安から朝一番のバスに乗り広河原へ。 …

百名山
2022/06/21 表丹沢・源次郎沢

丹沢・日帰り沢登り入門ルート第二弾は源次郎沢でした。 出発地は林道終点の戸沢。丹沢の沢登り好きの人に …