2019.01.23-24 歌宿沢と上ニゴリ沢、南アルプス 戸台アイスクライミング

登山・クライミング

1日目 上ニゴリ沢

戸台河原駐車場〜唐沢出合へ、1時間半〜2時。出合でテント設営、荷物デポし、唐沢(上ニゴリ沢)へ。

本谷の右岸枝沢に入り、小百合沢との二俣手前に、壊れた鉄製の堰堤、ここから右俣が上ニゴリ沢アイスエリア

注意: 上ニゴリ沢の二俣は、水流のある本流ではなく、水流のない左俣枝沢に入る。廣川さんの新しいアイスクライミングの本の挿入図には、誤って本流にF1が書かれています。古い本では正しく載っています。

上ニゴリ沢 取り付き

氷の百貨店は品揃えが悪い。水量が足りず、しかし、右側に蛇行している奥は、林道まで繋がり、そこそこ楽しめます。

上ニゴリ沢
F1 1ピッチ目
F1 2ピッチ目
上ニゴリ沢F1の林道に出るところ

ナメが多くて、脚がパンパンに腫れ、つりました。ナメもなかなかのクセモノです。

南アルプス林道

南アルプス林道はスケートリンクになってます。今回は時間がないので、F1のみです。

上ニゴリ沢
上ニゴリ沢F2は網の下をくぐり続いています

テントを張った出合には水場がありません。雪がないのです。本流との二俣、出合から20分くらいのところで水が取れます。もしくは、出合から上流20分のところで水流はありました。

水用の水筒を忘れたので、下山時に水流脇の凍った氷をアックスでかち割り持ち帰ります。

氷収穫のため勢い余ってバイルの刃を曲げてしまう
上ニゴリ沢出合

松本より温かい夜でした


2日目 歌宿沢 歌姫の宿

歌宿沢

本流右岸を気にしながら歩きます。氷瀑が見えたら、枝沢に入ります。

本流から枝沢に入ると、ガレ場で崩れていくような足場の悪いアプローチです。雪が付いていればいいのですが。

最初ベルグラ、中間垂直以上、上部垂直

セカンドはザック背負ってかなりしんどかったです。まだまだ登り方の課題多し!

下山して、甲斐駒ケ岳がお帰りと言ってくれたような気がします。気をつけて帰ります。

0800テント場、1000 歌姫の宿、1500終了点 林道から左岸の痩せ尾根を下山。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

登山・クライミング
2024/06/15 表妙義縦走

表妙義の縦走ルートをご案内してきました。今回は妙義神社から入山し、大の字〜相馬岳〜鷹戻し〜東岳を経て …

登山・クライミング
2024/06/08 妙高の沢

仲間たちと妙高の沢へ。 「沢登り」といってもハイキングの延長のような沢歩き、ゴルジュを泳いで遡行する …

登山・クライミング
2024/6/15 二百名山天塩岳〜西天塩岳〜前天塩岳

道民の仲間に、天塩は熊が多いから、ヒグマ用スプレー準備すべしなど言われ怯えながら入山。 北海道は、熊 …