2017.11.02 妙高山 燕温泉〜大倉沢

登山・クライミング

妙高山は燕温泉から登る方は少ないが、日帰りとなると、やはりこちらの周回ルート(燕新道から時計回り)を取る登山者が少なからずいる。

(写真 上:燕温泉)

ただし、燕温泉手前の大倉沢渡渉点は、水量少なくなく、川幅もそこそこ。

さらに渡渉点は現在崖崩れ、雨でなくても渡渉には、靴を脱がないといけない。少しでも降れば、増水して流されてしまう。

雨が降っているなら渡れない可能性が高い。雨天時は、燕新道ピストンが良いだろう。


大倉池方面


迷い込みそうな場所。木を足し置いてきました。


燕温泉から。河原の湯に入りに来た観光客がたくさん。


天然ナメコで味噌汁がとっても美味しかった。やはりナメコは倒木に生えてるものの方が美味しい。


この日の夕暮れの空はとても綺麗でした。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

百名山
2022/06/25-27 北岳・間ノ岳

モンベルアウトドアチャレンジ「北岳・間ノ岳」で南アルプスへ。 芦安から朝一番のバスに乗り広河原へ。 …

百名山
2022/06/21 表丹沢・源次郎沢

丹沢・日帰り沢登り入門ルート第二弾は源次郎沢でした。 出発地は林道終点の戸沢。丹沢の沢登り好きの人に …

百名山
2022/06/20 表丹沢・葛葉川本谷

久しぶりに丹沢の沢へ。 懐かしのホームゲレンデです。クライミング経験のあるお客様を葛葉川本谷へご案内 …