2022/04/20 妙義山の岩稜と岩壁

登山・クライミング

スタッフトレーニングで妙義へ。

「妙義山」という名前のピークはありません。午前中に訪れたのは表妙義「筆頭岩」。クライミングとしては易しい岩稜ルートですが霧雨の中での登攀は緊張感がありました。

水墨画!?

山頂。

下山は登ったルートとは反対側の岩壁を懸垂下降。シングルロープなので2回に分けて下ります。一発目は山頂のすぐ下のテラスへ。2回目で着地。60メートルシングルでギリギリです。降りる方向によっては足りないかも。

岩壁下部を歩いてリターン。

動画サイトにアップされているものの中には滅茶苦茶な内容のものもあります。ロープを使えない方は入山してはいけません。

午後は裏妙義の木戸壁へ。

初級者向けのマルチピッチのルートですが、濡れていると、これまた緊張感が加わって楽しい。

4ピッチ目は高度感も加わります。

5ピッチで終了点まで登り、同ルートを懸垂下降して終了。

一日練習できて良かったです。

AKR

百名山
2022/09/29-30 西穂高岳

ドピーカンの空の下、西穂高岳に登りました。 朝の安曇野池田町からは燕山荘が見えるほど展望がクリアーで …

百名山
2022/09/23-25 テント泊白馬岳

シルバーウィークはモンベルアウトドアチャレンジで白馬岳へ。白馬大池をベースキャンプにして白馬岳を往復 …

百名山
2022/0912-16 雲ノ平縦走5days

アルプス最奥の地、雲ノ平を御案内してきました。色々なルートが思い浮かびますが、今回は富山県の有峰・折 …