2018.09.22-24 モンベルアウトドアチャレンジ立山縦走

大町市内は雨でしたが室堂に到着してみると予想外の好天でした!

今回はのんびりツアーなので初日はみくりが池温泉に集合し周辺散策。二日目に雄山に登り大汝山、富士ノ折立、別山を経て剱御前小屋泊、三日目は雷鳥坂を下り室堂に戻ります。

集合前に室堂をブラついていたら雷鳥に会いました。

雷鳥は室堂だけで300羽くらい生息しているようです。外敵の少ない悪天候の日の方が活発に動き回るので出会いにくいのですが、いとも簡単に出会えました!

さて、参加者の皆さんと合流後はみくりが池周辺の散策に出かけました。今回の登山ルートから外れている地獄谷を散策できたら良いのですが、その辺は有毒ガスが出てるので2012年から通行止めなのです。

というわけで足慣らしで撮影スポットを巡りました。

ミドリガ池の「逆さ立山」↓

二日目は大混雑の中、まずは雄山に登りました。

旅行会社のかなり大人数のツアー団体が来ていて室堂から雄山まで数珠繋ぎでした。富士山並みの人混みです。敢えてノーコメント。。。

雄山山頂。ちなみに正式な山頂の3003メートル地点は鳥居の先です。

集合写真を撮れるスペースがないので真砂岳近くでパシャリ。

別山周辺は剱岳の絶景ポイント!

今夜の宿は剱御前小屋。

体力に不安をお持ちだったお客さんも元気に到着しました。立山縦走は無理のない山行計画を立てれば安全に歩けます。

三日目は雷鳥坂を下って室堂へ。

毎週末、雨に降られてきましたが、今週は好天に恵まれ思い出深い三日間になりました。それにしても凄い人混みだったな~。

by Akira Kawaguchi

2017.8.17  劔沢〜奥大日岳〜大日岳

by comic

0640 劔沢 – 0915 奥大日岳最高点 – 0930 奥大日岳 0955 – 1120 大日小屋 – 1143 大日岳 – 1330 大日平山荘 1343 – 1530 称名滝登山口

野営管理・診療所に15日滞在しての下山日。ここ1週間では一番の天気に恵まれる。


朝焼けと劔岳


チングルマと劔岳


ルーティーンのラジオ体操後、みんなに見送られ劔沢を後にする。


これは何という現象?虹のようで綺麗。

劔沢を何度も振り返る。

劔御前に上がるまでに沢山の花に出会う。

アオノツガザクラ

ツガザクラ

チングルマ

深山ウイキョウ

ミヤマキンバイ

ハクサンイチゲ

黄金菊 、深山アキノキリンソウ

イワツメクサ

ミヤマリンドウ

ウサギギク

ヨツバシオガマ

タデ

クロトウヒレン


トウヤクリンドウ

大日岳方面へ


室堂


雷鳥の羽?

お疲れ様でした。

奥大日岳最高点

奥大日岳周辺から、劔岳


奥大日岳


大日小屋、大日岳方面へ向かう

七福園

中大日岳。

大日小屋

大日岳へピストン、片道10分程度。


大日平山荘。


無理休憩所で、称名滝から日帰りピストンという地元の登山者とお喋り。一緒に下山。

山荘の裏から不動滝を見学。

あとはひたすら下るのみ。

この日はとても熱くて、途中の沢水を飲みながら下山。

ラムサール条約登録湿地

PCの入った大荷物での縦走に、ひいひい言いながら降りる。もう脚が悲鳴を上げている。


ようやく下山。称名滝を見学する観光客が大勢いて、でかいザックの自分は場違いな感じ。バスの時間が限られてるので、称名滝見学はまた今度に。

2017.0810-0816 劔沢  便所のベンちゃん

 by comic

8月16日

劔沢は明日で最終日。

雨の天気予報とは異なり、観天望気では晴れるでしょう。満点の星が綺麗な夜でした。


8月15日

雨曇り雨の日々が続きます。

山の日に300張あったテントも20数張。

客が少ないので劔沢小屋へ遊びに。

毎晩ご馳走。なのに太れずマイナス1.2キロ。他の人は4キロ増えたりしてます。私も太りたい。。太れない悩みはわからないでしょう、、

8月14日

ボットン便所から雷鳥の子どもの声がするとお客さんから。

虫捕り網で救出作業。

蓋をしているのに、一体どこから入ったのか。便を洗うが、臭う。

便所のべんちゃんと名付けられ。

ようやく震えが止まり、米粒と虫を少々。

雷鳥ではなく、岩ひばりです。

自然保護センターに連絡すると、元の場所に戻すようにとのこと。

さすがに便槽の中に戻すことはできないので、近くに放す。

ずっーと チューチュー鳴いていた。お母さん来るといいなぁ〜

8月13日 

久しぶりによく晴れました!

テント場もお盆だけにどんどん増えます。

1人1テントが、本当に普通になっちゃったんですね。。なんだか寂しいという気持ちも。

洗濯物が干せます。

8月12日

一時晴れて雨な1日。


夜は晴れて流れ星がキラキラ。

夜21時以降で続々と帰ってくる登山者… 

これが「劔の夏の風物詩」だそうだ。

黒部ダムから道迷いしながらようやく辿りついたイタリアとオランダ人は、パスタを茹でたいと仕方なくお湯をあげる。

別山尾根から22時でも下ってくるヘッデンの明かりが見える。源次郎からまだ帰らないと心配する仲間。

最初は心配して待っていたが、そのうち就寝。事故もなくみなさん、帰って来れたようです。よかった。
8月11日 山の日

とても怪我人の多い1日でした。亡くなった方もおられました。

山の日だからと、悪天なのにハシャイで、怪我するのでは?と単純に考えてしまう。

8月10日

朝は晴れ間が出ることが多い。すぐにガスり雨が降ったと思ったら、また日が差す。そんな毎日が続く。