2018.05.12 爺ヶ岳南尾根

0550 扇沢 0815 ジャンクションピーク0950 南峰 1020 中峰 花見をしながら下山 1430


info. 1 残雪が少なく、JPの下りで万が一を考えてアイゼン装着したが、他はノーアイゼンで南峰、中峰もいける雪の状態。

info.2 南峰から中峰や鹿島槍にかけては、ノートレース。先日30〜40センチくらい新雪があったよう。吹き溜まりでは、股間まで埋まるほど。東尾根はすでに藪漕ぎ状態か。

info.3 南尾根上部はザレ場やハイマツの登山道。ライチョウの住処の保護のためにも、アイゼンで痛めつけたりしないようにしたい。


天気が落ち着かないので日帰り。

扇沢登山口前すでに駐車場最後のスペース。隣に駐車してた中年ご夫婦のお父さんが、口をおにぎりでいっぱいにして話しかけてくる。

私の車が松本ナンバーなので地元民だからと、〇〇蝶が見れるのはここで良いでしょうかと。私は蝶に詳しくない。聞くと黄色い蝶らしい。上に観光案内所が後で開くので、そこで聞いたら良いかと伝える。

柏原新道から入り、南尾根は沢山人が入ってるので、アレコレ考え事をして歩いてトレースを追ってると、危ういスノーブリッジを超えたりして、なんか様子が違う。少ないトレースは柏原新道をそのまま進んでいるが、こんなにトレースが少ないわけがない。適当に雪面を藪漕ぎして尾根に上がると、もう快適な道、リボンあり藪は少なくトレランでも出来そうなくらい。

尾根の東側はもう雪が崩れ落ちそうだが、そこを登っている人がいる。なんと物好きな⁈トレーニングだろうか。ジャンクションピークで自分の快適尾根歩きと合流。

3パーティ追い越して来たが、一向に登ってくる気配がない。みんな柏原新道に吸い込まれちゃったかと心配しながら後ろを振り返る。

JPからはアイゼンがいるかと思ったが、すぐに這松の藪やら南峰までも登山道を歩いていくことができる。

南峰の下のコルで、途中で拾ったピッケルを残置しようと思ったが、ピストンして来た登山者が下まで持ってってくれると言うので、扇沢観光案内所に置いてくれとお願いする。

南峰

中峰と北峰

南峰からは先日の新雪でノートレース。時間があれば鹿島槍までと思っていたがとりあえず中峰を目指す。新雪は膝か吹き溜まりでは股下まで埋まり抜け出すのに時間を要する。

ライチョウ?

これは一体?

ラッセルしながら中峰へ

中峰山頂にはお先にどなたが来てたらしい。

鹿島槍と剱岳

遠くに富士山

いつも敗退の東尾根は藪

槍穂高も綺麗にみえる

ひとり中峰でのんびり腰を下ろしてると、山頂が横揺れしている。これは、眩暈じゃない、ニュースを見ると速報で長野北部震度5弱。

でも雪崩れや落石などの音は聞こえない。鹿島槍までなどと思っていたが、このラッセルではキツイし、天気も予報より悪いし、大きな地震なのでとりあえず早めに下山しよう。

と思いながらも、南峰に戻るとハイカー多く、しばらく滞在。大勢のハイカーがテント装備で楽しそうに登って来た、もう楽勝なんて言ってるが。テント泊は3パーティの様子だが、明日は悪天候になりそうだけど、大丈夫かな。

柏原新道を上まで詰めて雪稜を来たという方は、そこはキツくて戻りたくないと言っていたので、尾根をずっ〜と下まで辿れば、柏原新道に出ると伝えて下山。

赤テープやトレースはしっかりしてるが、登りでは迷わないが沢や支尾根に迷いそうになるところもあり、心配になりながら、たまに後ろを振り向きながら下山するが、姿が見えないので、ここはバリエーション、こんなに良い尾根を辿れない人は来るべきじゃないと思い、下山。

八つ見ベンチから少し上の赤テープが取付き。

途中で黄色い綺麗な蝶が舞い、これか⁈と写真を撮ろうとするが、あっとう間に姿を消してしまった。幻みたいだった。

こんなに石楠花満開の山を歩くのは初めて。

ショウジョウバカマや、石楠花を鑑賞しながらのんびり下山してると、後ろから心配してた方も合流して、一安心。

下山すると、立派なカメラを持った登山者ではない方が沢山徘徊している。1人に聞くと、写真を見せてくれる。クモマツマキチョウというこの時期にここで見られるため、全国から蝶好きが集まってるんだとか。

地震で車が崖から落ちてないか心配だったが、それも無く、下界も大町は影響無さそうでとりあえず問題なく帰れそうな感じ。

立ち寄り湯:上っ原の湯 (コミュニティセンターなのでそれなり。それほど湯船は大きくなく露天風呂無し。透明無臭。源泉100%で熱めで身体がとてもポカポカする。)

立ち寄り道の駅:池田町 ここのハーブソフトクリームが香り良く美味しくて、後味もさっぱりで大好き。

2018.03.15 熊本地震復興支援 阿蘇の休日

阿蘇観光へ。

阿蘇五岳の一番東、根子岳の登山口をちょいのぞきに。

災害で道が割れて辿り着けませんでした。

土砂で道が塞がり行けませんでした。

もう1つの登山口は確認できず。また次回。

今日の本当の目的へ。

上色見にある熊野神社

この神社の裏が本物の神様でしょうか。

穴を目指して登山。

神様がいらっしゃいます。

高いところから失礼致しました。

このいただいたチケットを使うために。

次の目的地へ。

志村動物園でも有名な場所

ヒグマ

ツキノワグマ

みーんなどの動物も寝てます。夏になったらどうするでしょう。

うーん、山で会うのはもっとデカイな。餌を獲らなくていいから暇ですね。

初めまして!

20年越しにようやく会えたのに、鼻くそを吹っかけられましたよ

もっこもっこで暑いですね。

笹で家に巣を作って取り合い。

猫みたい

阿蘇ジャージー牛

コンニチワとしゃべってました。

メェ〜

突かれる前に帰ろう

動物たちのショーもなかなか見応えあり。

野生動物と会うことの方が多いため、何処かで不自然さを感じてしまうのは仕方ないことか。

カドリーを出てお隣の人気阿蘇料理店、山賊旅路へ。

じゃーん!阿蘇名物のダゴ汁と高菜飯のおにぎり。

腹いっぱい!

この足で次の目的地へ。

阿蘇村の白川水源

地面から水がポコポコ限りなく湧き出ていました。小さい魚はなんでしょう

春ですね

水汲みに来るようです

濃くてうまい!

水源はあちこちにあるのです。

CMでも有名となった見晴台駅

阿蘇鉄道はまだ全部復興していません。

仮設生活はまだまだ続きます

道路復旧もまだまだ

本日最後の目的地へ。阿蘇市内牧温泉近く、保健センターにて、復興支援の落語会。

落語家の古今亭駿菊師匠。東日本大震災のときも被災者のみなさんを元気付けてきたとのこと。この蕎麦の食べ方、定番ですが、上手すぎて魅入ってしまいます。

南京玉すだれも楽しい

新宿ゴールデン街の歌手の浜さんも会場を盛り上げてくれました。

楽しいひとときでした。ありがとうございました。

毎日新聞載ってました。https://mainichi.jp/articles/20180315/ddl/k43/040/276000c

また無料チケットを使わせて頂き、阿蘇駅近くの温泉、夢の湯へ。

そしてなんだか疲れてしまいまして、2度目の尺間ラーメンへ。

黒ラーメン600円 美味しかったです。

おつかれさま〜

by comic

2018.01.09 峰の原高原に住む

峰の原高原スキー場へ。つらら公園からスキーを履いて直ぐに滑走。

リフトに乗ってつらら公園へ帰る。ペンション泊まりの方も最後はリフトでお帰りです。

⚫︎ 峰の原高原スキー場 http://www.minenohara.biz


菅平まで下りて、人気店。ちょっと屋。

コロッケ屋さん。じゃがいも、カレー、ツナ、かぼちゃから選べます。安くて美味しい!

定食 1000円

ご馳走様でした!

⚫︎ちょっと屋 http://www.ued.janis.or.jp/~cyottya/page4.html

さらに下りて、真田から松代方面へ向かうと、お洒落な温泉施設があります。

平日17時以降は450円で入れます。

あったかいランプを囲み、風呂あがりまったり。

十福の湯 http://www.zippuku.net

また癒されに来よう。

2018.元旦〜2日 新年会と初詣

大町温泉郷にある叶家さんにて新年会。

大正から続くお宿です。

置物、装飾品等がいちいち気になり、、鑑賞します。

お食事は一般的でした。やはりお風呂が最高でしたね。

穂高神社にて初詣。みくじは小吉でした。ちょうどいいですね、のんびりマイペースでいきます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

2017.12.24 ハモ寿司アイスクライミングin濁河温泉

御嶽7合目にあるアイスクライミングエリア。

どうしてハモ寿司なのかはわかりません。

取り付きがよくわからず。。歩いて終了点には行けました。

もう少し下まで繋がるようです。

垂壁登りの練習によいです。5〜7mくらいです。

帰りはマルチで橋まで登りつめます。荷物持ってるとキツーイ。

橋から御嶽山。立派なお山です。

濁河温泉には、混浴があるのですが、16時までなので行けず。

車両制限しているギラギラに凍った林道から、こちらも立派な乗鞍岳。

チャオスキー場にある人工アイス

とっても立派。知り合いが作っていてビックリ!

安全管理もバッチリで、さすがです。

木曽福島にて、行ってみたかった二本木の湯へ。

二本木の湯 http://www.nihongi-spa.com

内湯しかありませんが、炭酸の湯が他にはなかなかない泉質ではないかと、私の人生上初めての体験でした。