2017.09.03-06 荒川三山〜赤石岳

 by AKR
久しぶりに南アルプスの御案内してきました。

椹島を起点に千枚岳、荒川三山、赤石岳へと縦走し椹島へと下山する周遊コースを歩きました。

1日目は椹島ロッジ泊なので歩きません。椹島は静かな上高地という雰囲気で癒されます。

2日目。登山開始です。この日の宿泊は千枚小屋です。殆んどが樹林帯の登高なので展望がありません。森林浴だと思って下さい(笑)
唯一と言って良い展望地からは荒川三山も赤石岳も見えますよ。ちなみに荒川三山または荒川岳という山はなくて悪沢岳、中岳、前岳の総称です。

赤石岳。


緑色が眩しい駒鳥池。

千枚小屋に到着。ピカピカ&コンパクト!最後にここに来たのは2009年以来ですが、あの時は火事で焼失したばかりで仮設小屋だったような気がします。

小屋の前のテラスは富士山が正面に見える素晴らしい展望台になっています。生ビールも飲めますよ!
3日目。天気良し!小屋前で御来光。富士山デカい!

今日は赤石岳まで歩きますよ。まずは千枚岳へ。

雲海に富士山が浮かんでます。体力に不安がある方は千枚岳までの往復でも楽しめると思います。

千枚岳からの荒川三山。

千枚岳から荒川方面への下りでは新しくハシゴが設置されましたが岩場がありますんでトレッキングポールはしまっておきましょう。

荒川三山の最高峰、悪沢岳。

名前はワルそうだけど眺めは最高。百名山のうち30座以上を見渡すことができましたよ。塩見岳、間ノ岳、農鳥岳など普段馴染みの少ない南アルプスの峰々を至近で見られるのは北アルプスをホームにしている私には新鮮でした。

中岳山頂には避難小屋があります。管理人さんがスケッチブックで山座同定してくれて助かりました。

縦走路から3分ほど逸れたところにある前岳。うっかり立ち寄るの忘れそう(笑)

ランチは荒川小屋にて「荒川カレー」。

ニンニクが特徴⁈

小渋川ルートの分岐、大聖寺平を経て赤石岳へ。

左は小赤石岳で右奥が赤石岳です。
赤石岳登頂!すぐ下に今夜の宿、赤石岳避難小屋。

山頂よりも避難小屋が気になる(笑)

外壁に百瀬慎太郎の詩!

入り口に暖簾!

どんな頑固オヤジが管理してるのかしら?と思ったら、とてもマイルドなジェントルマンでした。

一期一会を大切にしている管理人さん。アプローチの遠さゆえ二回泊まりに来る人は少ないと仰っていました。手書きの登頂証明書を頂きお客様は大喜びでした。記憶に残る山行になったことでしょう。

4日目は風雨の中、分岐まで戻り椹島へ。森林限界から下は風雨は弱まりスムーズに下山することができました。
今回は椹島ロッジを含めて3泊4日の山行でしたが、荒川小屋や赤石小屋の宿泊も可能ですので色々な日程での計画が可能です。時間と体力に見合う計画で楽しんで下さい。

やまんざい

やまんざい

登山ガイド、山岳遭難予防・救助捜索活動を実施。雄大な日本アルプスに囲まれ自然の恵みを戴きながら、信州ライフを楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です