2017.11.28-29 中央アルプス 越百山

style:snow hiking、solo

belongings:ピッケル、12本アイゼン、ポール2、冬シュラフ、テント、20mロープ、簡易ハーネス、ギア類少々、飲料水以外に水2L

info.:小屋は開き戸で外から引く。冬期開放とのことだが、積雪があれば開かない可能性あり、窓は凍結なければ開くか。土の間にテーブルと椅子、ロフトつき畳の間に詰めて10人寝れるか。布の座布団5枚程、シュラフ2枚あり。

28日:0940 出発 1020 林道終点登山口分岐 1115 下のコル4合目1340 水場分岐 1510 越百小屋

29日:0710 越百小屋 0815 越百山山頂 0845 越百小屋 0920 下山開始 1110 林道 1150 駐車場

—————————————

28日

今年は積雪が1ヶ月程早いと。雪山を求めて、雪山足慣らしに、久々の重装備でソロ泊山行。

駐車場に着くと車3台、全て名古屋やなんばなど、関西からの山岳会かと思ったら、みんなソロで日帰りの方だった。

予想通り沢山入っているかと思い、雪もそれほど多く無いだろうと、わかんとスコップは残置。

荷物が重い、林道だけでも疲れ、4合目まで45分とあるが約1時間かかった。それからもヒィヒィ言いながら、休み休み登る。

雪は7合目付近から増え30センチくらいか、ラッセルしてあるので全く問題ないが。

登山者3名それぞれがピークハントで下山していく。360度の最高の景色と。いいな〜

小屋までは樹林帯。小屋を過ぎても直下までは樹林帯か。樹林から青空の下に広がる美しい山々を眺める。明日は天気持つのかな、、

景色は最高のようだが、我はとにかくバテバテでとにかく小屋にたどり着ければいいという感じ。

水場から上部も急登でトレーニング不足ではなかなかキツかった。

めでたく小屋到着。少し期待したが誰もおらず、お一人様貸切。

小屋からの景色

半年前の空木の恐怖があったら、こちらの小屋はまったく異なる。とっても愛らしい居心地の良い小屋。

疲れ切った身体を休ませ、まったりアフタヌーンティ&ビール。

夜はビール片手にロープワークトレーニングしたり、有意義な時間を過ごす。外に出ると満点の星。明日まで晴れてくらるかな〜

29日

風が扉をノックノック。なんか嫌な感じの天気。南駒ケ岳までピストンを考えていたが、そんな雰囲気でない。外は真っ白で風が強い。

仙涯嶺すらも行けないだろうと、越百山ピークのみ目指す。越百山山頂直下で風強くなり、稜線では立っていられない程。ポールが45〜90度にも飛ぶ状態。視界ゼロ、すぐ下山。

小屋で茶を飲んで下山。

昨日に泊まったパーティは、ある登山記録サイトに毛布がたくさんあると書いてあったからと、何も持たずに来たらしい。毛布なんて無くて薄い寝袋2枚だけ、宿泊者が多かったら…積雪や凍結で中に入れなかったら…どうしたんでしょう?

最後、林道沿いに流れる今朝沢はとても綺麗な澄んだ沢、岩魚はいるのかな?

3時間もかからずあっと言う間に下山。さすがに悪天で登っていく登山者無し。

越百山だけなら日帰りで十分、でも越百小屋に泊まるのが楽しみ。今度は展望の良い時を狙ってまた泊まりで来たいところ。

______________________________________

松本へ戻る途中、木曽の立ち寄り湯に。

木曽のかけはし。長野県の歌、信濃国にも唄われているものだという。

今では車も通れる立派なものですが、下部に昔の名残が残っている。

温泉は通路を渡り、、

秘湯の雰囲気

木曽川を眺めながら

冷源泉と加温のお風呂。

入浴料600円。食事1000〜2000円をすれば300円。

● 桟(かけはし)温泉 http://www.kiso.ne.jp/~kakehashi.ag/

______________________________________

帰りに散歩

木曽路

木曽川

かけはしや あぶない処に やまつつじ

桟や 水にとどかず 五月雨

むかしたれ 雲のゆききのあとつけて わたしそめけん 木曽のかけはし

子規

こんなのも。日本近代木橋の幕開け

ゆっくり帰ろう木曽路。

2017.11.27 高ボッチ高原and…

冬でも来れる高ボッチ。

カメラマンやらキャンピングカーやらが沢山いたりします。

草競馬もやる高原

北アルプスの展望最高

標高1664m

諏訪湖の絶景ポイント

おいでください。

______________________________________

その前に松本入山辺の絶景ポイント。

まるで合成。北アルプスが圧倒的存在感。

気晴らしリフレッシュな時間でした。

2017.11.25 ジビエ講習会 鹿解体

鹿の解体を行いました。

先ずは、血抜き、そして食道と肛門を縛り廃物からの肉への汚染を防ぐ。これが美味しく安全に山肉を頂くためにとても大事なこと。

包丁は適宜熱湯で消毒し、肉の脂を湯で落としながら解体していきます。

ようやく美味しそうな いわゆる お肉 になりました。

なかなか1人でやるには大変な作業で、思った以上に内臓も多くて、大きな鹿の割には食べる部分が少ないというのが印象でした。

信州では、山肉を食して初めて、その命が人間の中で成仏できるのだと、昔から猟師はそう信じて狩猟を続けてきたようです。

まだまだ狩猟を行うには、学ぶことが多そうです。

___________________

松本へ帰り、山岳フォーラムへ。

入山辺のメープルジャズオーケストラの演奏はとてもカッコよかった!是非入山辺の星空の下でアルプスを眺めながら聴いてみたいもの。

フォーラム後の夜は山の色んな社長たちと宴会。

宴会場のジビエマスターの店長とお話をすると、今日のジビエ講習会の鹿は、彼が頼まれて狩ってきたものだと伺いびっくり。世の中は本当に狭いものだ。

美味しい美味しい楽しい宴会でした。ご馳走様でした。@さくら咲く

2017.11.24 YMZロープワーク講習会

強風の中、ロープワーク講習会。

フィックスロープ、1/3システム引き上げ

ツエルト設営

赤いツエルトでのビバークは、遭難時には発見してもらいやすいが、中に長く滞在するには頭がおかしくなりそう⁈

薄っぺらいツエルトでも、外の強風は何のその。あれほど寒かったのに中は穏やか。

ツエルト一枚の重要性は大きい。できるだけ早く安全な空間をつくる手際良さが大事ですね。

2017.11.20-21 JMGA講習会

日本山岳ガイド協会の危急時対応技術講習会を受講してきました。

場所は小諸の安藤百福記念自然体験活動指導者養成センター。安藤百福って誰?と思って調べてみると日清食品創業者にしてチキンラーメンの考案者。とても激動の人生を歩んだ偉人でした。

さて講習会は2日間、みっちりと密度の濃い内容でした。登山中に起こりがちな捻挫、骨折などの処置とトムラウシでの大量遭難事故を教訓にした低体温症への対応などに重点を置いてシュミレーションを行いました。

ちなみに初日の夜に降雪があり、2日目の野外講習はとても寒かったです。

危急時対応技術は使う機会がない方が良い技術ではありますが、必ず身につけておかなければならない技術です。

気持ちを引き締めてガイド業務を遂行してまいります。

by AKR

2017.11.17〜18 トレラン救護

トレランスタッフのみなさんは、エイドステーションでランナーを温かく迎えおもてなし。

我は救護チームとして、ランナーの不調の訴えがなくても、顔色や表情を見て大丈夫かどうかと判断し、不調そうな方には声をかけます。

おひとり具合の悪い方がいました。風邪の治りかけが悪化した様でした。自身でリタイヤを申し出てくれて安全な状態でご家族に繋げることができました。

外国からのランナーも多く英語で対応するが、なかなか出て来ず。滑落をfall down とか言ったりして(汗)slide/slip down とかだったのかな?この程度なら、ジェスチャー交えて通じるから良いとしよう。。

自分が泥臭いトレランらしきものやエクストリームレースに出場したのは10年以上前のこと。華やかで爽やでお洒落な最近のレースにはお手伝いするのみで、なかなかその雰囲気には馴染めない山屋だと改めて感じてしまう時間でした。(汗)

課題を次に活かそう。

Written by Comic

2017.11.14-16 救助訓練

ロープワーク、救助訓練は日課にしないと身体が覚えません。。

結びの掛け換え懸垂。システムは作っておくと便利ですね。

ヘリでのホイスト訓練。私は下降の訓練をしました。

ホイスト下降はくるくる回ることが多い。腹筋で耐えて手足を出さずに直立にしていると風の抵抗がなく回りにくいとのこと。ですが、私が1番回ってました(汗)

↓発煙筒。1万3千円もするらしい。

今後、発煙筒が登山者に必須携帯になるとか?私はどちらかというと熊スプレーを携帯したいと思うが、高価な登山になりますね(汗)

こちらは発砲できるもの。人に向けては絶対いけません、天に向けて発砲します。都内の花火屋さんが作っていると。

by comic

2017.11.13 佐久岩場

前回見つけられなかった佐久の岩場へ。

今回は簡単にアプローチ。

info:非公開岩場であり地元の方の理解の上での利用させて頂いているため、佐久文化財事務所に事前に駐車場と岩場を使用の連絡。林道には駐車しないこと。

先ずはアップと思い、一本杉エリアを横目にひなたエリアへ。久しぶりすぎるリード。

アップと思ったが。ちょっとだけ下がワイドクラックはいいけど、最後の一手が悪くてテンション、10aか?

その左はトップロープでも取付り上部から上がれず断念( ; ; )10bある?

登ってるラインはガバ多く5.9か。

その左へ、10a、10bか?結局ひなたエリアで終了。

地道にトレーニングするのにとても良い岩場でした。ありがとうございました。

帰りに林道を歩いてると、地元の農家さんが、林檎の収穫中。ひとつどうだい?と真っ赤な林檎をくれました!わーーい!

フジで、蜜がたっぷりで、みずみずしくて、かぶりつき。久しぶりに美味い林檎いただきました!ご馳走様でした。

————-

帰りに、珍しいたい焼き屋さん発見!

たい焼きには目がない方なのだ。信州にはたい焼き屋さんが少ない気がする。

よくみると麻布十番とある。

調べてみると、およげたい焼きくんのモデルになったお店の暖簾分けの店だと。

浪花屋 麻布十番本店は、東京のたい焼き御三家のひとつ。そのうちのひとつである四ツ谷のわかばには食べに行ったことがあるが。

今にも泳ぎ出しそうなたい焼きくん。一尾120円

ご馳走様でした。

「たい焼き 麻布十番 浪花屋 佐久店」

————-

さらに進むと気になる店が。今度はたこ焼き。「信州たこ焼き おやつ村」。

ここは海なし信州だけに、鯛やらタコやらがはやり人気なのか。

このたこ焼きやメニューが面白いらしい。愛人90人3000円とか?今度帰りに寄ってみよう〜っと。(笑)