20170831-0901 蝶ヶ岳〜常念岳

 コミック/ソロテントハイク

1110 三股登山口  1510 蝶ヶ岳山荘 0500 蝶ヶ岳山荘 0540 蝶槍 0818 常念岳 1120 三股登山口

時間が出来たので近場の山へ。久々のソロ&テント。やっぱりいつも思うのが、ソロ山行つてすごく大事。

計画からリスク管理まで、何かあればすべて自分の責任だらかね。

日の出とともに出発と思ったが、天気が優れない。やる気が無く山を諦めて2度寝。9時に目覚め、また天気を見ると好天。

飛び起きて出発。この頃の天気は変わりやすくて、天気予報は全く当てにならない。変な気候になったもんだ。


前常念ルートからのアプローチを諦め、反対周りで行くことに。



オカトラノオ

シャジン

ベニバナイチゴ

カニコウモリ

ハクサンフウロ

やらた荷物を重く感じる。登りに4時間以上かかってしまった。


30kgザックに無理に詰め込んだら、とてもバランスが悪い。

夜はそれほど寒くなかった。

蝶ヶ岳展望台にいると、ヘッドライトで、常念小屋から6時に出て来たという、中高年3人パーティ到着。12時間以上かかったとか。蝶槍で迷ったとのこと。この稜線はアップダウンが多く結構疲れる。とりあえず無事で何より。

夜明け前に出る予定が目覚まし鳴らず、周りの音で目覚める。テントから外を覗くと朝焼けが見える。時刻は既に4時半を回っている。またまた飛び起きて、飯も食わずテント片付け出発。



1人独占の稜線。


朝焼けの穂高連峰を眺めながら贅沢な稜線歩き。


蝶槍にて朝飯グラノーラ。



常念岳南のコルを横切るガスに飲み込まれ寒くなり、稜線に上がれば太陽で身体ポカポカ。




常念岳到着。若い学生パーティが去った後、ラブラブカップルが到着、みなさん蝶ヶ岳に向かう。

常念岳から北側、大天井岳方面。



私は山頂から前常念経由で三俣へ。

雷鳥カップルに遭遇。まん丸太って、這松の中を縫って歩く姿が中トトロみたい。子どもたちは?成長したのかな?


常念岳を振り返る。

三俣から登って来た、名古屋から来たという若者トレラン3人組みに会う。最高の展望で大感激した爽やかな彼らの笑顔が素敵だった。

彼らは三俣〜常念岳〜蝶ヶ岳〜三俣のワンデイコース。昨日も1人会った。このコースはトレランの人たちに流行っているのだろうか、山屋なら空身で12〜13時間位で抜けられそうだ。


三俣〜常念岳はかなりの急坂と聞いていたが、下りでは、とても下りやすい傾斜の道で、三俣〜蝶ヶ岳の方が段差があり下りにくかったのは気のせいか?

久々の快晴の山歩きだった。


帰りに延命水を汲んで帰る。とても滑らかな水。美味しい珈琲を淹れました。


逃げるウリ坊を発見。

やまんざい

やまんざい

信州にて、登山ガイド、山岳ファーストエイドの普及、山岳遭難予防活動、救助捜索活動を実践。自然の恵みを戴きながら、山とともに信州での暮らしを楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です