20170903〜0906  蓮華温泉〜白馬岳〜祖母谷

by comic

9月3日 

蓮華温泉泊


白馬を過ぎて新潟に入るとまさかの土砂降り。今年は雨が多い。明日晴れることを祈り就寝。

9月4日 

蓮華温泉〜鉱山道〜白馬岳 白馬山荘泊


鉱山道はマニアックな人じゃなければ選ばない道。草刈りはしてあり、ピンクテープを見落とさないようにいけば迷わないだろう。


ひたすらの沢沿いの樹林帯。道からは鉱山跡も見られなければ展望も無い。お花を鑑賞して歩く。


ツルニンジン


オニシオガマ


朝は曇っていたが徐々に青空が広がる。しかし、我らは樹林の中。高度の変わらない道を樹林の間から小蓮華岳を臨みながら距離を稼ぐ。


沢を石飛び、花畑の中を登り、稜線までようやく辿って雪倉岳からの道と合流。

シナノキンバイ

ミヤマシャジン(葉が披針形で互生、がくにギザギザ無し)

クルマユリ


唐糸草

深山曙草

深山東菊

白花苦菜

立山ウツボグサ

気持ちいい!


三国境で一息つき、あとは一気に白馬岳へ。


小蓮華を振り返る。

あと少し、がんば。


白馬岳山頂。


それにしてもこんなに晴れた白馬岳は珍しい。


劔岳がよく見える。

大展望を楽しみ、白馬山荘へ。行動時間約10時間、お疲れ様でした。


白馬山荘では、素晴らしい景色を下に見ながらみんなでワイワイ宴会。


この日は期待してた夕焼けは見られなかったけど、月が綺麗でした。

9月5日 

白馬岳〜旭岳ピストン〜清水岳〜祖母谷温泉泊


朝焼けの杓子岳と白馬鑓

このルートは、かなりの健脚コース。平均年齢70歳の大人数で怪我なく暗くなる前に歩き通せるか…。


旭岳は一般登山道なし。ザレを登り往復40分。


朝焼けの劔。


旭岳登頂


旭岳から白馬岳を臨む。


信州は雲海の中。


清水岳直下は大展望。


池塘が多く癒しの清水尾根。


圧倒的な存在感の劔岳を眺め空中散歩。

ニッコウキスゲ

最高の天気の最高の展望。


不帰岳避難小屋から下は、鎖場、巨木倒木、沢を横切るなど悪路が多い。雨では増水して通れないことも。


百貫山南面のトラバースから大下り。

平均70歳でもかなりの健脚で問題無し。

体調優れず参加された方が一人遅れましたが、これまでの山の経験の豊富さと気合いで、日の落ちる直前に小屋に辿りつけてほっと一安心。

行動時間13時間半、おつかれさまでした。


登山はこれで終了。


温泉に入った後、大宴会。安心して飲み過ぎました。


富山名物の昆布締め、カジキマグロでした。温泉卵も全部美味しかった〜!

9月6日 

祖母谷温泉〜欅平〜トロッコ


今日は土砂降り。本当に奇跡の晴れ間の2日間だった。


トロッコは初の窓付きで快適に宇奈月へ。

ありがとうございました。

やまんざい

やまんざい

信州にて、登山ガイド、山岳ファーストエイドの普及、山岳遭難予防活動、救助捜索活動を実践。自然の恵みを戴きながら、山とともに信州での暮らしを楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です