2017.08.22〜08.24 兎岳 パトロール

メンバー: comic、イク、クマ

前夜泊

翌朝が早いので、登山口に近い下栗の里、民宿みやしたさんへ、素泊まりさせて頂く。みやした とは、苗字では無く、お宮さんの下にあることからの屋号だという。

下栗の里を含む遠山郷は、神様を迎える霜月祭があり、宮崎駿監督の千と千尋の神隠しのモデルになった。民宿みやしたさんには、宮崎監督の色紙がある。

民宿みやした

7月23日

朝4時北俣渡ゲート、車は20台近い。すでに歩き始める登山者やトレランナー。

朝5時聖光小屋から西沢渡へ出発。西沢渡への道は森林鉄道の名残が残ってる。

西沢渡の橋は流されているため、手動ロープウェーに乗り川を渡る。橋は後日修復済み。



1人ではとても重くて大変。川の量によっては、渡渉できるが流されてしまった人も多い。


かぶとと遊ぶ。


薊畑は真っ白、風が冷たい。


小聖岳。朝は風が強く、ここで引き返したという方も多い。我々は午後に来たので、風はすでに弱まっている。
小聖と聖岳の間に水場がある。

岩ひばりが水をチュッチュ飲んでいた。


小聖岳から登ってきた道。聖岳に向けて急登を登る。雨風が強ければかなり厳しい登り。


聖岳山頂。今回は奥聖岳には行かず。
兎岳へ向かう。聖岳を急下降ののち、登り上がる。

南アルプスは、のんびり縦走というより、巨大な山脈のため規模が大きくアップダウンが激しい。

赤石岳を東に、聖岳を南に臨みながら歩く。

7月24日

朝一の兎岳山頂でヘリ荷揚げについて通信。一瞬ガスが切れるが、すぐに辺りは真っ白に。


晴れることを祈って、作業をして待つ。


信州側が晴れ、下栗の里が見える。しかし、ヘリはなぜか大町にいて厚い雲で飛べないと。。なんと!

結局荷揚げを断念、泣く泣く3日間の作業を中止し下山。友人小屋なら荷揚げもこれほど大変じゃないだろうに、避難小屋での作業は大変。


兎岳から直通ルートを下る。


苔の山


苔地蔵様

帰りは、チチタケを採って下山。チチタケは、白い液が出てくる。これはうどんの出汁にいいとのこと、帰って、スープにしていただいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です